いのなかとらさん

もう1年ちょっとで三十路の人がふとあの頃を思い出して復活したブログ



■チョロQは前に進むために、一回バックするんだってよ■


←ウィキ風呂というお風呂が昔ありました。


--年--月--日(--)      スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








2007年06月10日(Sun)      ■昔のねた■

【帰ってきたチバダム】




あなたは覚えているだろうか?

「チバダム」、という名前を。







このブログをみてる人の中には、その名前を聞いて、
「も、もしや!!チバダムって、まさか、あ、ああ、あのチバダム?」
って思う方もいるのではないかと思う。

いや、いないかもしれない。
そんなやついないかもしれない。
いや、いないわ、そんなやつ。そんなヤツいるわけないわ、そんなヤツ。





ず~っと昔、今からちょうど一年ほど前、
このチバダムという存在は、僕の目の前にその姿を見せた。
その姿に心打たれた僕は、その日1日中何も手につかなくて、
ご飯さえも喉に通らなくて、ただ上の空だったもんさ、憂鬱な日々で。

その時期、何故チバダムに出会ったのかと言われれば、
あれは確か僕が・・・え~っと、・・・・忘れました。

ただチバダムというのは2年前の千葉大学の大学祭のマスコットキャラで、
去年のちょうどこの時期に、そのチバダムに変わる、新しいマスコットキャラを、
募集していたということだけ、わかって欲しい。

▲クリックしてね♪

こちらの記事を見てもいいし、見なくてもいいよ。
ただ、漫画とかドラマを途中から見るのが嫌な人は見るといいよ。


せ~のっ

チバダム~!!



























チバダム


は~い!

これがチバダムである。
空を飛ぶその姿はまるで、鳥のようで、
手を伸ばすその姿はまるで、ラジオ体操で一番最初にやる体操のようで、
足の裏から噴出する火はまるで、スーパーサイヤ人になったときの髪型のようで、
美しい、麗しい、愛おしいその姿に、さらには醸し出す「アゲアゲ」な雰囲気に、
僕なんかは一瞬に虜になった!







そして一年前の僕はチバダムが引退するという話を聞いて、
僕の元でずっと千葉大学の大学祭のマスコットキャラになるため、
日夜、トレーニングに明け暮れて一生懸命に頑張っていた、
4組のニュージェネレーション、新世代たちを、送り出したんだ。
胸を張って、「こいつらならきっと、やれる。」そう願って・・・。

しかし、結果は皆さまの承知のとおりだ。
それ以降、彼らのほとんど全ては僕の前からも永遠に姿を消した。








ちくんとばちゃん


チ君とバちゃんは、

辛い練習が続いても、この2人はいつも笑顔だったのを覚えている。
2人の間には愛の力があって、それを僕は羨ましくも思っていて、
常日頃から更衣室のロッカーに画鋲とかを入れて嫌がらせしていたんだけど、
もう二度と会えないと思うと、とても寂しい。
こいつら僕の前でチューとかしてきたからね、見せ付けるように。帰り道で。
「あっ、これは恥ずかしいところを見られちゃったティバ!」
「いや~ん、恥ずかしいティバよ~!」
まぁ、いなくなってくれてせいせいするよね。こんなやつら。







チバレンジャイ


チバレンジャイ

このおっさんは、ある日うちの門を叩いて、
「どうかワシにもここで頑張らせてください!」と言って来たんだ。
けど、うちはあの、40歳以上の人はお断りしてるんで断ったんだけども、
その時はあきらめて帰ったのに、次の日には何故か他のメンバーに混じって座ってて、
気持ち悪いな~って思って、話したくないからずっと無視して、
それで去年この時期、「ちょうどいいや!」って思って温かく送り出すふりして、
ほんとは邪魔者がいなくなってせいせいしたんだよね。ほんとは。
邪魔だからというわけではないんだけど、あれから帰ってこなくて良かったなって思ってます。
今は行方がわかりません。良かったな。ありがたい。




風太くん


レッサーパンダの風太くん

風太くんは、あれから帰ってきちゃった!
帰ってこなくて良かったのに!




チバダム2


チバダム2

チバダム2も帰ってきちゃった!
帰ってこなくて良かったのに!




















彼らをなぎ倒して2006年のマスコットキャラの座をその手中に収めたのが、

NEC_0353.jpg


これです。











このザマです。

くやしい、そりゃくやしくてたまらなかった!
自分がその背中を押して、快く送り出したティバ大学を愛して止まない新世代が、
こんなどこら辺が千葉なのかもわからない、ペンギンに、
負けるってそんなの、そんなのひどいじゃないか!
ひどすぎるよ、僕はこの惨敗のせいで信頼もなくした!財布もなくした!
こんな甲羅を背負った得体の知れないペンギンに、
どうしてこいつらが敗れなけりゃいけないんだ、これは出来レースじゃないのか!

判定に不服だった僕は、ティバ大学に乗り込んで、個室トイレを占拠もしたさ!
トイレットペーパーをいっぱい使ってやった!もちろん水は流さない!
そりゃしちゃうだろ!怒りは収まらないんだ!

そして誓った!

「次があるならきっと、やってやる!」











ここまで来れば、話は見えてくると思います、どうでしょう?

今、新たなシーズンを迎えた2007年、今日この頃、
再び大学祭という、一体何を祭っているのかもわからない祭りの時期が、
やってきたというじゃありませんか。

ずっとこの時を待っていたんだ。

去年の雪辱と申しますか、信頼を回復するための格好の舞台と申しますか、
虎視眈々と僕は、新しい4組の新世代、
今度こそ天下を、千葉大学のマスコットキャラとして十二分にふさわしい、
そんなとんでもないやつらを今、自信を持って送り出そうとしているのだ。

そうだ、今は去年のやつらより何倍も立派なやつらを僕は育てたんだ。

去年のペンギンみたいなマスコットも今年は何処かへと旅に出て、
そこに出来た枠を巡って、また新しい戦いが幕を開ける。
そこにふさわしいニューフェイスを募集しているとのお達しが、
去年と同じように今年もありまして、それを待っていた僕らだ、
この日をずっと待っていた僕らだ、
このチャンス逃してはいけない。

ペンギンみたいなやつに取って代わるべく、
またまた全国津々浦々から、その噂を耳にした新しい波が、
われぞとばかりに、
2007年もここティバ大学へと集まっていると言うじゃあありませんか。

しかし、それも恐れる事はない。

新たな4組の有志が、僕の元にいるのだから。






今度こそ、やってやろうじゃないかと思っている。

そして今年は、不思議と、失敗する気がしないのは気のせいだろうか。
いつもこんなときは必ず抱いてしまう臆病な僕の不安は、
不思議な事だが今年は、全く僕には感じられない。
むしろ楽しみだ。

去年僕の送り出した4組は、
僕の期待も、応援してくれた皆さんの願いも呆気なく受け流して、
簡単に、散った。今年の桜のようにすぐに散った。
あれから僕はみんなの笑いものだった。
学生食堂で定食を頼んでも、必ず僕だけ一品足りなかった。

でもそんな落ちぶれてどうしようもない僕を信じて、
今年のこの舞台ために一緒に頑張ってくれたやつらがいる。

それが今回の4組だ!

僕を信じてくれたこいつらなら、必ず大学祭の顔になれる。

今回は僕はもう、後は結果を待つのみだ。
喜ばしい報告を、ただ堂々と待っているのみなのだ。










信じてるんだ、絶対選ばれる、って。
だからきっと、不安もないんだと思う。
それぐらい去年とは全然その素晴らしさも比べ物にならないやつらだ。
我ながら恐ろしい。とんでもないやつらを私は作り出してしまった。

機は熟した。






僕の背中を追いかけていたこいつらは、
去年の12月ごろには、既に僕の背中を追い抜いていた。
僕にはもう教える事がなくて、
むしろ彼らから教わる事の方が多かったと思う。

今のは教育実習生とかが、実習最終日に言いそうな台詞ナンバーワンの台詞だ。
覚えておくといい。

いつか雛鳥は親鳥の元から飛び立って、
遠く親のいないところへ離れていかねばならない。
旅立ちの時、それが今であって、寂しくもあるけれど、
寂しさよりも、ワクワク感の方が、今は強い。
期待にきっと応えてくれるであろう、彼らがそこにいるから。
そして僕は送り出すんだ。

その背中をそっと。

きっとこいつらならやってくれる。間違いない。
2007年はこの4組の中のどれかが選ばれるに違いない。
むしろ4組全員が選ばれる可能性だってある、前例なんて関係ない。

そして大学祭の顔になることがゴールじゃない。
大学祭の顔になって初めて、こいつらはスタートするんだ!

さぁ、今だ。今こそそのときだ。

4組の新しい波が、
2007年、ティバ大学の大学祭をにぎやかにする為に、


今、動き出そうとしています。







































チバダム3

チバダム3





フウエもん

アニメ化だよ風太くん






うまい棒太くん

うまい棒だよ風太くん






チバダム4

チバダム4
















※もしこの中のどれかが選ばれたら、
この記事に関する新しい記事が生まれるやも知れませんが、
どれも選ばれなかったら、
数ヵ月後にはこの記事はなかった事になっています。

数ヵ月後、この記事がなかった事になってるその時にくれぐれも、
「そう言えばあのマスコットどうなりましたか?」とか聞いてこないで下さいね。
で、でも選ばれるから、だだだ、大丈夫だけどね!!


人気ブログランキング
スポンサーサイト















≪ 【故意のジャックナイフ】 | ↑ | 【にわか雨】 ≫




コメン㌧もらっていいの?

風太君がドラえ○んに似ているという自覚が
あったということに爆笑してしまいました(>д<`)はらいてェ

王「それにしても勇者スミ㌧よ…クフーにやられるとは情けない。
  スミ㌧が次のレベルに上がるまであと234の経験値が必要じゃ」

ほら、王様もこう言ってることだし、経験値もあと少しで次の
レベルに上がるし(こんな時ささやかな幸せ感じるよね♪)
絶対にマスコットに選ばれてください。

個人的にはチバレンジャイが好き過ぎます。
ぜひこいつも再エントリーさせてやってほしいです。
次は五人で(勿論色はあちこち被らせて…個性を大切にしながらね 笑)

う、訴えられないのか…いや、もはやここまでくるとオリジナルか
!?

てか、チバダム!どんどん悪い方向に行ってる(笑)!どんどん採用から遠くなってるって(笑)!

なぜうまい棒太くんの色が上と下で違うのか気になって夜も眠れません。

おぉぉぉぉー!!
覚えてるよ!覚えてますとも(´∀`*)
1年前の記事も見てきたよ・・・
なんか私あおいねー、うん青臭い!
コメント見なかったことにしよう(´∀`*)

それにしても風太くんが空とんじゃうなんて
すごすぎるよー!!ここまで進化したんだね。
選ばれてほしいなぁww

□拝啓 おむすび殿□

>風太君がドラえ○んに似ているという自覚が
>あったということに爆笑してしまいました(>д<`)はらいてェ
それはもちろん、僕も馬鹿ではないので、そういう自覚はありますよ(笑)
ただ普段からそういうの「先にそんなのがいたなんて知らなかったんだよ、僕は風太くんを書こうと思って書いたのがアレなんだ!!」っていう強い心を持っていれば、なんとかなるのかなとも思っていたんですが、
実はドラ○もんにクリソツだったっていう自覚を持っていたということをここで明かしてしまったので、最早知らぬ存ぜぬではとおりません、
もしかするとFC2さんのほうから抹殺されるかもしれません。

王様のお言葉ありがとうございます。おつげってやつですね。
でもね、クフーを倒せるぐらいのレベルはあったんですよ!!
メタルゴリラをいっぱい倒したんだから!!経験値1000もあるヤツ!でも倒せなかったんだな。バグですよ。おかしいです。
でも今回はなんとかやれそうな気がします。
応援ありがとう。絶対マスコットに選ばれます。絶対に!

なんかね、チバレンジャイっていうのが2004年のマスコットキャラだったらしいんです。
これ全然僕は知らなかったんですけど、マジらしいんです。
だから名前的にもうチバレンジャイは選ばれる事はないみたいです。
びっくりです。残念です。

□拝啓 三代目殿□

>う、訴えられないのか…いや、もはやここまでくるとオリジナルか!?
そうですよ、おりじなるですよ!
というか誰に訴えられるというんですか!!いやだなぁ!
アレは僕のオリジナルキャラクターです!風太くんです!
未来から来た風太くんです!猫型ロボットの風太くんです!

いやいや、遠くなってないでしょ(笑)!むしろどんどん栄光に近づいてるじゃないですか!
なんというか4になったことでパワーアップもしましたし、
これはもう絶対に選ばれるに違いないぜ!

>なぜうまい棒太くんの色が上と下で違うのか気になって夜も眠れません。
それは秘密です(笑)ミステリー、うん。

□拝啓 さと殿□

おぉぉぉぉ!覚えてたかぁー!!
覚えてましたかー、そうかー、嬉しいなぁ。
>1年前の記事も見てきたよ・・・
>なんか私あおいねー、うん青臭い!
>コメント見なかったことにしよう(´∀`*)
え~?そんなことないんじゃないかな?
それを言ったら僕のコメント返しの方が青いって!!
僕のほうが青いよ♪←ってこんな感じだったもん!!

>それにしても風太くんが空とんじゃうなんて
>すごすぎるよー!!ここまで進化したんだね。
だってほら、風太くんってアレは、猫型ロボットだもの!
だから空も飛んじゃうんだ!マツタケコプターっていう道具で!
お腹についてる5次元ポケットは、風太くんの宝物なんだ。
選ばれるかな?
リアルな話、大学祭の実行委員がユーモアを持ってるなら、最終選考ぐらいまで冗談でも残して欲しいよね(笑)

うわー、これ、超なつかしいー( ´艸`)!!
そうそう、あたしはこのタヌキがお気に入りだったんだよねぇ。
(あたしのコメントはお話にならないくらいヒドイね・・・。ごめんにょ。)

イヤー、チバ味はスルイでしょ(笑)
そんなん、なんでも出来ちゃうじゃない(笑)
そこが1番好きでした( ´艸`)

あとさ、1つ気になったんだけどさ。
どうして、チバダム4 であのタヌキは飛んでないの?
チ君とバちゃんはイイんだよ、イチャついてムカつくから。
でも、あのタヌキには飛んでいて欲しかったなぁ。
なんだかんだで、本当に気に入ってるんだから(笑)
あ、タヌキって言っても、未来から来た猫型ロボットの風太くんのことじゃないよ(・∀・)

□拝啓 郁貴殿□

懐かしいですか?覚えていてくれた事に感謝!
タヌキじゃないってだから!チバレンジャイだって言ってんの!!
どこがタヌキだよ,どこもタヌキじゃないよ、色か、色的なアレか!?
>(あたしのコメントはお話にならないくらいヒドイね・・・。ごめんにょ。)
これ今見てみるとびっくりですよね、本文触れてるの一行ですからね(笑)
コメント返しは僕も気丈に振舞ってったんだけど、物凄い多分傷ついてるよね。
それは、うん、とっても・・・。

>イヤー、チバ味はスルイでしょ(笑)
>そんなん、なんでも出来ちゃうじゃない(笑)
>そこが1番好きでした( ´艸`)
いや、どこかに千葉を示すもの入れとかないとやばいじゃないですか、
だから必然とチバ味になっちゃいますよね。
なんでも出来るとか、それ言っちゃだめじゃない!!だめじゃないの!

>あとさ、1つ気になったんだけどさ。
>どうして、チバダム4 であのタヌキは飛んでないの?
いや、だって、チバレンジャイもチ君とバちゃんと同じく失踪してしまったんだからしょうがないよ。
失踪したというか、失踪させたというか、まぁそこは、あやふやにしときますけども,大人の事情的なアレで。
ただ、あのタヌキはこのブログのコメントと記事の間の「TOPへ」画像の一つに登場してるからね。別格と言う事です!僕の中では別格のキャラだもんで、ティバ大学のマスコットになんてもったいないんだね!!

おコメン㌧を投げつける

 
スミタカストーンにだけ伝えたい
 

寅ック Back

TB URL

Home

ぷろぴーぷー

すみとん

Author:すみとん
頑張って生きてます。
■28歳になっちゃった
■正式名称はスミタカストーンっていうんだ
■うぇッ!・・・あっゲップしちゃった。
■埼玉県在住、人生迷走中
■「スミ㌧」とか「すみさん」って呼ばれてるよ。
■リンク・コメントはご勝手に!
■。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビォエェェェェェン!!
■思ってるよりも悪いヤツだよ。多分。






ったいさんの形見のバナー!

人気ブログランキング

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクさん

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。