いのなかとらさん

もう1年ちょっとで三十路の人がふとあの頃を思い出して復活したブログ



■チョロQは前に進むために、一回バックするんだってよ■


←ウィキ風呂というお風呂が昔ありました。


--年--月--日(--)      スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








2008年10月17日(Fri)      ■昔のねたりめいく■

【未来→過去 (new version)】


※この記事は、その昔書いた記事を、かなり大幅に大胆に加筆修正したものです。
■■■

ユメゾウさん


なんか、照れるんだよな、へへっ。
まさかこんなおじさんになってから今更、
あの時の「お前」に手紙を書くなんてな。
あの頃の「お前」、つまりは10年前の「俺」よ。



なぁ~に、安心しなよ、「お前」が思っているよりも、
どうやら未来は、いやなかなかどうして、そんなに心配するほどのものじゃねえのさ。
こちとら元気でよろしくやっているってことよ。
はっはっは。

もちろん、「お前」が今日の「俺」に至るまでの10年には、
それは辛いこと、たくさんあったよ。

目の前には分かれ道ばかりたくさんあって、
なるたけ無難な道を選んだつもりでも、

その道が実は自分の弱さを自ら表現しているだけ、
つまりは逃げの道だということに気付かずに、
どうしようもない俺はただ目の前だけ見て一心不乱に進んでいった。

道を歩いた先に待っていた汚いもの・綺麗なものに出会っては何度となく、
肩を落とし、道に伏してまどろんだ事か。
ふと現実を見て、自分の愚かさを見つけるにつけ、
悔しさを拳に込めて、何度自分自身の体をたたいたことか。
いくら叩いても、何も変わらない事を知ってはいながらも。
ボロボロになるまで、俺は俺を恨んだこともあったさ。

笑えないくらい、笑えるんだ。自分のどうしようもなさに。
これまで幾多の経験を積み重ねてきて、そうしてここにいる自分に。

っていってもまぁ、
こんなこっぱずかしい話、「お前」に話してもしょうがねぇや、へへっ。

10年前の「俺」、そんなことすら理解できずに、
ただ未来が知りたいだけでしゃにむに頑張ってた。
頑張ってた、そうだ、細かいことは考えず、
ただ明るい未来だけを信じて頑張ってた。
「希望」、この言葉が俺のエネルギーだった。まぁ、
今じゃそんなもん、・・・・・・ただの言葉でしかないって知ってるけどな。

んや、難しい話はやめよう、「お前」が理解できる話をしたい。
お前に話したところで、全然伝わらないだろうしな。ふっふふ。

お前に伝えたい。
この10年で、辛いこと、嬉しいこと、悲しいこと、たくさんあったよ。
それを全て経験してきたのが今の「俺」だ。
それがあってこそ、今ここに立ってられる。

指で数えてみようか、一つずつ、この先に待ち受けている
幾多の前途多難を。
絵に書いて示してみようか、
その度に「お前」が魅せる喜怒哀楽の表情を。
どれも俺は覚えてんだ。覚えたくもないのに、覚えてんだよ。

なんでかわかるか?

まぁ、話したところで、
まだまだ青臭いお前なんかは、すぐに忘れてしまうことなんだろうけどな。
うん、そうだな。だからそんな余計なことは話す必要もないかな。

余計なことは、「俺」も考えてほしくはないさ。
「お前」はそれを考える必要もないさ。ふふ。

いいんだ、お前はお前のままで。
自分だけのこだわりを、自分だけの考え方を、
自分だけのスタイルを貫き通して、
前だけ向いて、ここまで走ってこればいい。

10年後、俺はここでお前を待っているよ。

気付いたら5年、9年とあっという間さ、
実際すごしてみると案外、早く駆け抜けてしまうもんよ。へっ。

俺は今幸せさ。お前も幸せになりたいんだろ?
だから俺はここで待ってるよ。だからここまで絶対来いよ。
まぁお前が今のお前でいる限り、お前はきっとここに来るんだろうから、
俺が待ってる必要なんてないかもしれないけどな。ははは。

とと、そうだ、忘れてた!
実は一つだけ後悔してることがあるんだ。お前にそれいいたくて。
あのさぁ、キセルだけには手を出さないでくれよ。

お前が煙管に手を出したせいで、お金がかかってしゃあない。
今もキセルがやめらんねぇよ。お前がキセルを吸わなきゃよかったんだ。
お前が手を出さなければ、その金も貯金に回って、
今頃俺はマイホーム暮らしなんだろうが、

残念ながら、今もボロいアパート暮らしさ。
ん?奥さん?さて、それはどうかな?いるのかな?いないのかな?
そこらへんはご想像にお任せするわ、
早くこっちまで来て、それを確かめてみりゃいい、はっはっはっは。

まぁ、金はないけど、
心は豊かなのも確かなんだがな。ふふっ。

じゃあ、出来るだけ早く来いよ(笑)

今さら後ろなんて向いたら、ダメだぞ。なっ。

それじゃばいばい。

『手紙 from ユメゾウさん for 10年前のユメゾウさん 』























f0008506_2115331.jpg





























































20060828043312.jpg


ごめんよ、10年前の「わたくーし」。
本当にごめんよ、10年前の「わたくーし」。

あなたの手に持っていたスプーンを今はポケットにしまーって、
代わりにマヨネーズという、油脂状の黄色い物質を、
自分のウリにしてしまったーよ。
キャラチェンジしてしまったーよー。ごめんーよー。

大好きなパティ・シエ子ちゃんから誕生日にもらった、
3つのポケットがついたエプロン、
お金に困って、売っちゃったーんだ。

あの胸の辺りに不自然についていた謎のポケット、
その中にいつもパティ・シエ子ちゃんの写真を忍ばせて、
一心不乱に、わき目も振らずに、
ひたすら夢に向かって走り続けたけれーど、

10年前の「わたくーし」よ、
4年経ったときに、目の前の現実に打ちひしがれることになってしまうーのです。

その日から、「わたくーし」は夢を追うことをあきらめましたーのです。
スプーンの代わりにマヨネーズを手に持って、
マヨ料理界を一人活性化させるべく、新たな希望に生を注ぐことになるのーです。

そのおかげで今のわたくーしは、
あの日の「わたくーし」、つまり、「あなーた」が描いていた将来像とは、
曲がりなりにも沿うものじゃないけれーど、
志はすでに本意の域を超えて、
満足している今のわたくーしがいます。

思った位置は違うのです。
願った位置は違うのでーす。

しかし、今のわたくーしは、笑顔なのでーす。

おもしろいことなどないけれど、笑顔なのでーす。

だからいいのでーす。今ここで笑えているのでーすから、

それを楽しみに、ここまでやってきてくださーい。




ただひとつだけ、伝えたいことがあるのです。
はーい、若干、この10年で体のほうがふっくらとしてしまいました。

マヨネーズに情熱を注ぐことになるあなーたに、
出来ることなら、脂肪分50パーセントカットの、

体に優しいハーフのマヨネーズをお願いしますでーす。

ここで、あなたを待っているのでーす。

では10年後まーた。


『手紙 from コックローさん for 10年前のコックローさん 』



















f0008506_2114529.jpg




















































NEC_0046s.jpg


10年前の僕よ。

ああ、なんやかんやでまだ12歳か。
小学6年生か。それとも中学一年生かな?

何をやってるの今?
そして何を思ってるの今?
きっと未来のことなんて想像すらしてないで、
目の前のちっちゃなことに目いっぱい頑張ってるんだろうね。
そうであって欲しいなぁ、って思ってるよ。

10年後なんてまだまだ先のことで、
まだまだ子供の君にこんなこと言ってもどうもなりゃしないだろうけど、
少しだけ僕の話を聞いて欲しいなぁ。いいかな?

君が思っているよりも、
どうやら10年後の僕はちゃんと出来ているよ。

僕は今、22歳。
大学を卒業しかけていて、なんとか就職も決まったよ。
何にも出来ない、どうしようもなくダメな僕だけど、
こうして、それなりに人並みの生活を送ることが出来そうな気がするよ。

残念なことにまだ夢も、愛も、何も見つけられてはいなくて、
そこにある流れに沿って日々をただ繰り返しているような気もするけど、
でもそれでもさ、
君が思っていたよりも、今日だって、ちゃんと生きていけてるよ。

この10年いっぱいいろんな事があった
辛いことのほうが多くて、涙流したこともたくさんあった
まぁ、それは君がこの先、君の人生とともに経験していくことなんだけど、
でもね、その分ちゃんとした人間になれたつもりだよ。

辛いことと同じくらい、嬉しいこともたくさんあるし、
悲しいことと同じくらい、楽しいこともたくさんある。

きっと自分が自分でいられなくなるときもあるだろうけど、
そこで負けたらダメだよ。
他人にいくら負けてもいいけど、自分には絶対負けちゃダメだよ。

それぐらい、人生の先輩として君に言ってもいいだろ?ふふ。
ああ、そうか、君のことだから自分の将来なんて心配してないよな。
むしろ11年後、つまり今の僕の1年後を心配していたりしてね。
ははは。はははは。笑えないよ、未来は自分にもわからないもんね。

とにかく「僕」は今、一生懸命頑張っているから、

「君」も今を、一生懸命頑張ろう。


更に今の僕から10年経って、
僕が30歳になったそのとき、

僕がどうしようもなく駄目な中年になっていても、
僕はそんな「僕」を愛してやるつもりだから、

君も10年後、そんな「君」を愛してやってくれよ。







頼むね。

じゃ、また。

『手紙 from スミとん for 10年前のスミとん』








































alien.jpg

スポンサーサイト















≪ 【イエス!フォーリンラブ】 | ↑ | 【わかめの話】 ≫




コメン㌧もらっていいの?

おコメン㌧を投げつける

 
スミタカストーンにだけ伝えたい
 

寅ック Back

TB URL

Home

ぷろぴーぷー

すみとん

Author:すみとん
頑張って生きてます。
■28歳になっちゃった
■正式名称はスミタカストーンっていうんだ
■うぇッ!・・・あっゲップしちゃった。
■埼玉県在住、人生迷走中
■「スミ㌧」とか「すみさん」って呼ばれてるよ。
■リンク・コメントはご勝手に!
■。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビォエェェェェェン!!
■思ってるよりも悪いヤツだよ。多分。






ったいさんの形見のバナー!

人気ブログランキング

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクさん

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。