いのなかとらさん

もう1年ちょっとで三十路の人がふとあの頃を思い出して復活したブログ



■チョロQは前に進むために、一回バックするんだってよ■


←ウィキ風呂というお風呂が昔ありました。


--年--月--日(--)      スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








2008年09月23日(Tue)      ■昔のねた■

【ゆめまぼろしの如く】



                  bakukaettekitanndane.jpg

バク、それは夢を食べるという生き物。
そいつは自らの夢など生まれたときにすでに切り捨てている。
だからこそなのかもしれない。自分の夢を補うかのように、
ただひたすら夢中になって、目の前の誰かの夢を食う生き物。

それがバク。

色々あって、もういないけど。








しばらく夢を見ることがなかったが、
ここ最近なんだかまた色んな夢を見るようになった。

夏のうだるような暑さに眠れない夜が続き、夢どころじゃない日々が続き、
それがひと段落し始めたときに、ふと思い出したのは。
バクだった。
色々あって、もうバクは僕のそばにはいない。


             
                   bakukaettekitanndane.jpg



まだ「秋だ!秋が来た!」と断言の出来ない微妙な夏の残り香を感じながら、
僕が昨日見た夢は、もういないはずのバクを思い出させるような、
そんな飛び切り最悪な悪夢だった。

その夢の中で僕は、布団の中にいた。
やがて目覚ましがなり、飛び起きて、あわてて時計を見ると、
僕は大急ぎで家を飛び出し電車に乗った。

それは結論から言えば、
その先に待ち受けている試験的なものに遅刻する、という
ほんとうにこころから「夢でよかったなぁ!」と思える夢だった。
あぁ現実は、なんてまだまだ救いようのある夢だろう、と思えるような。
悲惨極まりない悪夢。

それは悪夢の王道と呼べるかもしれない。
夢から目を覚まして、「ゆ・・・夢かぁ・・・・よかったぁ・・・」と思える夢。
夢の種類は人の数だけたくさんあるんだけれど、
こういった「夢でよかった夢」を見る人は結構いるのではないかな、と思う。
まぁ、悪夢はすべて「夢でよかった」と思えるからこその悪夢なんだろうけど。
そういった意味で悪夢の王道と呼べるのかもしれない、と言ってみたんだけれども。

ここ何年間、僕の見る悪夢はほとんど全てがその類である。
その類とは僕の場合、「遅れる」というタイプの悪夢。
ほっとんどこれしかみないかもしれない。このパターンしか。
「死ぬ」だとか、「犯罪を起こす」だとか、そういう悪夢は無限にあるけど、
僕は幸いなことに、いや幸いかどうかは知らないけども、
「遅れる」悪夢というのを頻繁に、見るのだ。
更に傾向として、それは特に大学とか、学校に関係するものが格段に多い。



■試験がある。でも遅れて試験受けられない。
□修学旅行。でも集合時間に遅れて一人置いてかれる。
■レポート提出。間に合わないで単位落とす。
□ヤワラちゃんと初デート。わざと遅れようとするけど、間に合ってしまう。


どうだろうか?
一概にパターン化は出来ないかもしれないが、
なんとなくの傾向、僕の悪夢の形の傾向は掴んでもらえるのではないだろうか。



特筆すべきはその夢の中ではその前後ではなく、僕が味わうのは中ほどあたり。
すなわち起きて、もう、すぐそこに制限時間があって、
その時間まで一生懸命たどり着くように、間に合うように頑張る。
前の日とか、遅れてその後とかは夢に出てこない。
毎回起きるところからスタートして、「あっ今日はそういえばあの日じゃん!」
「時間やばいじゃん」「行くしかないじゃん!」「どうしようもないじゃん!」
というとにかく間に合うように一生懸命頑張る物凄いハードなヤツだ。
そんな夢ばかり、そんな夢ばかり見てる。




なぜこんな夢ばかり見るのだろう?



僕はこれまでずっと言ってきた。覚えているだろうか?
いや、言わなくてもわかっている。覚えていないだろう。
だから簡単に説明しよう。

夢ってのは人の深層心理にあるものが絶対関わってるはずなんだ。
逆に言えば、人の深層心理にないものが夢に出ることはないのだ。
例えば、クマのプー太郎を一切存在自体知らない人の夢の中に、
クマのプー太郎もロジャーもカラオケざるもしあわせうさぎも、
マクワウリ刑事もウェイターも松村君もふたごの兄・弟もりゅ-坊も誰も出ない、
出るわけがないんだ!全く知らない人の夢の中に、それが出るわけない。


そうだろ?そうなんだろ?知らないけど。


でも人生の中で一度でも、たった一瞬でもそれに触れていたなら、
記憶では思い出せなくとも深層心理にはわずかにそれが残っていて、
寝てるときの夢に無意識に出てくるって事はじゅうぶんあるのである。
知らないけど。

そんな感じで今は具体的なもので述べてみたけど、
精神的なヤツでも言い換えることは出来るね、これはね。
夢判断とかでよくあるのが、「心のどっかで思ってることが夢に出ちゃう」っての。
全く思ってもないのに、夢ではそれを平気でしてしまうとか。
実生活ではやったことも思ったことさえもないのに夢ではやってしまうとか。
夢の中でヤワラちゃんを「ブサイク」って言ってしまう。とか。
それってやっぱり、思った記憶がないだけなんじゃないかな。
一瞬でも一度でも冗談でも、ほんの数コンマ何秒の間にパッと思って、
それがただ形に残らず記憶のほんとに奥底に追いやられただけで、
でも深層には残骸が残ってるからこそ、寝てるとき夢に出てくんじゃないっすか?
夢とかどーでも良いけどね、知らねぇけど、夢とか知らないけど!
興味ないけどもね夢とか!ヤワラちゃんとか知らないけどね!


そんで、更に言えばやっぱり
一回二回触れて記憶のほんの片隅にあるものよりも、
何回も触れて記憶の浅層にあることのほうが夢に出やすいよね。
そりゃ当然。
目覚ましで起きるとか。そんな当たり前のことって、浅層に無意識にあるから、
なんかメカニズム的な夢のアレノアレノアレなんじゃない?
そんで夢に出てくるんじゃない、当たり前のように。
このくだりもうめんどくさいから、もうどうでもいいけども。


さて、話はこのバースの頭に戻るけども、


僕はしょっちゅう「遅れる」パターンの悪夢を見る。
内容は毎回違うけど、
それが明らかな架空だったり、どきどきするようなリアルだったり、
さまざまな形をとって、夢として僕を毎晩不安にさせる。
でさ、ちょっとこのくだりもうめんどくさいから、飛ばすね。


何が言いたいかといえば、かいつまんで言ってみれば、


つまりは、夢って深層心理にあるものが絶対影響してる。
更に深層にあるものよりも、当然浅いところにあるものの方が、
夢に大きく影響してる。それが無意識であってもね。

だから例えば、無意識にある不安とかも大きく影響するんでしょう。
僕がそういう夢を見るのは、「遅れる」という不安が、
心の中の大きなウェートを占めているからなんじゃないだろうかという話だ。
これは僕の場合はそもそも無意識じゃない。
お恥ずかしいんだけれども間違いなく意識してる。常々不安であふれてる。
「遅れる」という不安は無意識の中にも、純正な意識下にも確実にある。
深層にも浅層にもどこにだって、不安がもやもやとあるからなんじゃないかな。

だからこういう夢ばかり見てしまうんじゃないだろうか。
なにか多分この不安を解消しない限りは。

ただそれは多分無理なんだ。慢性的なもんだから。
一種のトラウマ的なもんだから。挽回の見込みないようなもんだから。
簡単に覆せるならば、もうすでに何度となく覆してきたさ。
でもできない。

だからむしろそういった不安を根本から断ち切れないからこそ、
僕は表面上でもいいから、気持ちを楽にしたいと思って、
あいつを呼んだんだ。これまで、何度も、何度も。

そう、バクである。

bakukaettekitanndane.jpg

今はどこにいるのかもわからない。

あの日おなかが減った僕は、バクを焼いて食べようとした。
その時バクが逃げてから、もうちょっとで一年が経過しようとしている。
今はどこで何をやっているのだろうか。





                   







で、こっからが新しい展開だ。

「どうせ夢を見るならば、悪夢じゃなくて、いい夢が見たい」
そんな言葉が口癖で、悪夢キャラの名を欲しいままにしてきた僕も、
いつからか、ちょくちょく「良い夢」というのを見るようになった。

それは悪夢を食い尽くすバクが僕の元から去ってからの話である。
それもほんとにここ最近の話なのだ。
いい夢なんて全く見たことがない僕が、
何故かここに来て、ちょこちょこいい夢を見るようになったのだ。
だからひょっとしたらバクが去り際に、なんかそういう手続き的なことをしてくれて、
で結果、僕の夢の感じが、変化したのではないかな、とも思える。
そう思いたくもある。というか、そう思いたいのだ。


□知らない女子と遊園地で手を繋いでただ楽しんでいる。
■なんかお笑い芸人の握手会でサイン的なものを貰ってる。
□お笑い芸人になって、初舞台で、
「右から、べっぴんさん、べっぴんさん、一人飛ばしてヤワラちゃん」
というギャグが大爆笑を誘う


というような夢を見る。
これもまた深層心理が表れてるんだろうと思う。
かたや悪夢の方は不安から来るもので、こっちは願望とでも言うのだろうか、
とにかく、心のどっかで思ってる、望んでる快楽が夢となって現れる。
のだと思う。知らないけど。



そうだ。いい夢を見れた。
あんなに「悪い夢よりも、イヒイヒウヒウヒの良い夢が見たい!!」
だなんてそれこそ、夢を見るかのように冗談めかして言ってた僕にも、
そんな夢を見てもいい権利がいつの間にかあって、
皮肉なのはバクがいなくなってからそれが見れるようになったということだけど、
確かに、僕はちょこちょこいい夢も見るようになった。


けれど、事態はそんなに穏やかじゃなかった。
いや、むしろ、ますます僕は窮地に追いやられているのかもしれないよ。


いい夢を見た。
そうだいい夢を見たんだ。

あんなに望んでた夢、素敵なイヒイヒな夢を見たんだ。
ウヒウヒなホヒホヒな夢を見たんだ。モヒモヒなウィキウィキな夢を。

けどね。













そこにあったのは、悲しい現実だった。










悪夢ばかり見て、それが嫌だから、良い夢を望んでいた。
そして望んだ良い夢を見た。
けど、そこにあったのは現実、現実そのものだったんだ。
良い夢、と呼ばれるものを見てはじめて気づいたよ。

そう、良い夢。
悪夢が「夢でよかった」的な夢ならば、良い夢、
それらは、「夢から覚めない方がよかった」的な夢だ。
そうなんだよ。そりゃそうなんだよ。
夢の中でしか味わえない快楽を味わえる、それこそが良い夢なんだ。
そして目が覚める。
「あぁ~、夢から覚めない方がよかった」なんて言いながら・・・・・・・、次の瞬間、






一気に目の前の現実に戻される。





僕は知らなかったんだよ。
それって、とんでもなく、つらく厳しいことだってことに。





良い夢を初めて見て、気づいたんだ。

良い夢、これもまた一つの悪夢なんだって。

うはうはな夢から覚めて、朝起きて、現実に戻る。
うはうはな夢から、けちょんけちょんの現実に。
イヒイヒな所詮は幻想に過ぎない夢から、ぐぬんぐぬんの紛れもない現実に。
一気に戻されたときに感じる得体の知れない気持ち、感情。

ゆめはまぼろしの如く、余韻すら残さず、頭の中から消えていく。

このときの気持ちは。
この時感じてしまうえも言われぬとてつもない寂しさ・孤独。
残るのは悲しく厳しいあるがままの現実。その後で、涙を流しながら食う米。
震える手、歯ブラシは電池も入ってないのに電動だ。

悪夢を見た後、起きたとき、「ああ、夢でよかった」って
恐怖をそこに感じた人は誰しも必ず思うだろう。
その後に残る後味は確かに良いもんではない。むしろ気持ち悪い。
でも夢の中に見た悪夢の場合、その恐ろしい出来事は所詮は夢の中だ。
何も起きてないいつもどおりの現実に、安心できるんだ。

良い夢を見た後は、その逆なんだな。
待っているのは変わらない現実。だけど、厳しく切ない現実。

「良い夢ってのは、時として悪い夢よりも悪夢だ。」 BY スミとん

この言葉を君に捧げよう。












結局夢なんて全部が悪夢なのさ。

あんな夢もこんな夢もどんな夢だって、所詮は夢にしか過ぎない。
夢の終わりに待ち受けているのは現実だ。凍えるほどの寒い現実だ。

ああ、どうしたらいいんだろう。

良い夢も悪い夢も僕にとってはどっちも悪夢だ。
とどのつまり、夢を見るってことは、悪夢を見ることと同じなんだ。

ああ、ほんとうにどうすればいいんだろうか。








こんな時バグがいれば・・・・・・・・・

いや、もうあいつはいないんだ・・・あいつは・・・・・

駄目だ、バクはもういない、考えちゃ駄目だ・・・・・







でも、どうすることも出来ない・・・・・・・!!









ああ、夢を食うという伝説の生き物、バクさえいてくれたら、
この僕の悩み、もがき、全てを食い尽くしてくれるだろうに・・・・!













バクさえいてくれたら・・・・・・・・・・・・!!!!



































                      bakukaettekitanndane.jpg






























ん?

・・・・・・・・えっ?































                                              bakukaettekitanndane.jpg



























まさか・・・・・・・・・・

お、お前は!!
































               bakukaettekitanndane.jpg

























お、お前は!!!!


バクなのか?!





戻ってきてくれたのか!!?
































bakukaettekitanndane.jpg

























バ、バクが帰ってきた!!

バクゥ!!バクゥ!!帰ってきてくれたんだね!!!




































bakukaettekitanndane.jpg
































待ってたんだ・・・・ずっと・・・・ずっと・・・・

さぁ、僕の夢を食っておくれよ!!






































                     バクカップル
































えっ!?

・・・・・・・・・・・・・えっ??!



































                                  バクカップル


























えっ、バク・・・???

お前、・・・隣にいんのって・・・・・・・えっ??

う、嘘だろ・・・・・・・・・・・・おい!!




























                         バクキッス



























ちょ・・・・おい、や、やめなよぉ!

やめなよぉ!

ちょ、こんなとこで、おい、・・・・・・・おい!!
































                                バクベッド



























ちょ、おま・・・・・こらぁ!!

おい!!ちょ、バク、こんなとこで・・・・・・お前!!こら!

















































                            バクちょめちょめ


































































バクゥゥゥゥゥゥーーーーー!!!!!



























































バクゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!






























































「現実こそ、最も恐ろしい悪夢である」 BY スミとん

この言葉を君に捧げよう。
スポンサーサイト















≪ 【み~っけた!!】 | ↑ | 【ドラゴンボールの場合(動画ver.)】 ≫




コメン㌧もらっていいの?

どこかで見たコトがあるAAかと思ったら、、、
以前登場してたんですね(/ω\)

それにしてもなんというオチw
1年後には子どもが登じょ(ry

「現実こそ、最も恐ろしい悪夢である」
肝に銘じておきます(・ω・`)

「現実こそ最も恐ろしい悪夢」
こらっ!産んでくれたおとーさんとおかーさんに謝りなさい!

「そこに希望を見出すことこそが人生」
この言葉を君に捧げようじゃないか

>一気に目の前の現実に戻される。
もうね 現実より夢の方が色々生きてるような気がする私ですが
この感覚 喪失感 読んでて思い出してしまいました
ホント あれは泣きたくなります
空虚です

>「現実こそ、最も恐ろしい悪夢である」 BY スミとん
そこまでは悟ってないけどねーw

バクについて触れなくてごめんねー
折角のネタなんだけど 最初の喪失感の方が自分の中に残りました

●44さん

1年後には子供が実際に登場するかもしれません。
僕がブログを続けてたら、きっと出ます。
出します。現実という悪夢を乗り越えられたならば!


●アルさん

いや、意味がわからないよ(笑)
境遇とかのことを言ってるんじゃなくて、
この先の不安とか、目の当たりにしてる気持ちとかを例えて
なんとなく言ってるだけだろうもん!
「そこに希望を見出すことこそが人生」
なるほど!
そんなアルさんにはこの言葉をささげよう!
「絶望の味を知り尽くすこともまた人生!」


●えいこさん

>空虚
アレはねぇ、あの感覚は、なかなかね、うんwwwww
えいこさんも結構、素敵な夢、お姫様になってる夢とか見るんですかね?

>そこまでは悟ってないけどねーw
まぁ、オチです。なんとなく「オチだ!」って思ってたらそれでいいんです。
いいんです。

>バクについて触れなくてごめんねー
っていう感じで触れられる、ってのはありがたいです!
あんなのに本気で触れられても逆に困りますからw

おコメン㌧を投げつける

 
スミタカストーンにだけ伝えたい
 

寅ック Back

TB URL

Home

ぷろぴーぷー

すみとん

Author:すみとん
頑張って生きてます。
■28歳になっちゃった
■正式名称はスミタカストーンっていうんだ
■うぇッ!・・・あっゲップしちゃった。
■埼玉県在住、人生迷走中
■「スミ㌧」とか「すみさん」って呼ばれてるよ。
■リンク・コメントはご勝手に!
■。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビォエェェェェェン!!
■思ってるよりも悪いヤツだよ。多分。






ったいさんの形見のバナー!

人気ブログランキング

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクさん

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。