いのなかとらさん

もう1年ちょっとで三十路の人がふとあの頃を思い出して復活したブログ



■チョロQは前に進むために、一回バックするんだってよ■


←ウィキ風呂というお風呂が昔ありました。


--年--月--日(--)      スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








2008年08月11日(Mon)      ■昔のねた■

【道路標識の怖い話】


自動車学校に行き始めるようになってからというもの、
普通に道を歩いてて、標識を結構気にかけて見るようになったんですが、

歩行者専用の標識あるでしょ?

あれ絶対おかしいよね?
hyousiki1.jpg

何がおかしいって、このフニャフニャしてるのがさ。

なんでこれフニャフニャってしてるんですかね?
めちゃくちゃ怖いんですけど。

よく見たら、子供のほうとかめちゃくちゃ怖いんですけど。
子供の右手がどう見ても不自然に短いし。
足見たら不自然につま先立ちしてるし。
このフニャフニャがさ、服のラインみたいなのを表してるとしたらさ、
なんで子供の頭は丸なの?髪のラインとかつけないとおかしいでしょ?
ヤバイ、鳥肌立ってきたわ・・・・。なにこれ?
なんでこれが公式の道交法のアレとして定められてるわけなの?

故に都市伝説とかも有名じゃないですか。
これは誘拐犯が女の子をさらっているようなのを現してるとか。
まことしやかに囁かれるじゃないですか、そんな話もさ。

全ての元凶はこのフニャフニャしてる感じにあるんだと思うよ。
誰がどう見てもおかしいもん!

誰だよこんなデザインにしたヤツは。絶対おかしいでしょ。
もっとちゃんと書くでしょ普通は、こんなフニャフニャじゃなくて。

でもこれは当然1人だけの独断で決められたわけではなくて、
たくさんの人の判断があって最終的に決定したわけでしょ?

ってことはつまり、やっぱり何か理由があるって事だよな。
こういうデザインにした理由があるって言うことですよね。

あと今、不意に思い立って、
ペイントを使いまして、この歩行者専用という道路標識の色をね、
反転させてみたら、物凄いことになってしまったわ。




urahyousiki1.jpg

怖っ!!

まるで深夜真っ暗な中で運転してて、ふと気づく。
目の前でライトが照らしているのは、手を繋いだ親子!

「あっ、危なーーーーーーーーーーい!!」

ブレーキは間に合わず、気づいた時には遅かった・・・・

みたいな感じになってる!!
そのライトが照らして気づいて「ブレーキ間に合わない!」と運転手が悟る、
その一瞬の光景を表してるような感じになってる、色を反転してみたら!
子供が少しつま先立ちしてるのも、
もしかしたら逃げようとしながらも死を意識したその瞬間を表していたりしてね。

怖っ!!










もうひとつ道路標識の怖い話があるんだけどね。

これ。

hyousiki2.jpg

これね。その他の危険ってヤツ。

これはいわゆる警戒標識って言われる類のヤツで、
まぁようは「危ないから、この標識が示すやつに気をつけてね」っていう親切ですね。

踏み切りの絵が書かれてたら「踏み切りあるから気をつけてね」
スベッてる車の絵だと「すべりやすいから気をつけてね」
動物の絵だと「動物が飛び出すかもしれないから気をつけてね」

とにかく、この先は色々危ないから気をつけてねって教えてくれてるわけですよね。

そこで、です。




hyousiki2.jpg

じゃあ、これは何に気をつけろといってると思いますか?







この標識の名前が、その他の危険。
ってことはつまり、警戒標識の中にないその他のヤツを
この標識は、気をつけてって、言ってるわけですよね。

じゃあ、その他ってなんでしょうか?

例えば、海から波みたいなのが来るから気をつけて、っていうのはあるかも。
あとは、道路が陥没するかもしれないから気をつけて、みたいなのも。
木が倒れるかもしれないから気をつけて、っていうのも含まれてるかもしれません。

とにかく、でもそれがなんなのかはわからないわけです。
注意書きみたいなのが添えてあったらいいけども、きっとないものばかり。
道を走ってて、この標識があっても、気をつけようという気持ちにはなれども、
「一体何に気をつければいいのだろう」という気持ちになって仕方がないでしょうね。
一応気をつけて走るけど、「その他」ってなんだよ!
この道の場合、「その他」ってなんだよ!って思うわけですよ。

でも根本的に考えてその他ってことは、そんなに大変なことでもないから、
「その他大勢」みたいな感じになってもいるわけですよね。
まぁ、何もないけど1パーセントくらいはあるから、気にしてよねくらいの感じ。
ほんとに危険だったら、それ専用の標識作るでしょうし。




そこで、です。

これもまた有名な話かもしれませんが、

これには「その他」って云う定義のないあいまいなニュアンスよりも、むしろ、
「その他」と言いながらも、実はある明確な一つのものを示している

という話があります。

都市伝説の世界ではそこそこメジャーどころの話しです。








そう、これは「その他の危険」ではないです。

すなわち、

幽霊、です。








urahyousiki2.jpg








都市伝説化してますが、この標識は幽霊の出るところに多いらしい。
幽霊が出て事故が多発するといわれるカーブとかに特に多いらしい。
都内の某青山墓地の近くの霊が出ると呼ばれる場所にはこの標識があるらしい。
さっきグーグルのストリートマップで探したけど、見つからなかったけどね。

らしいらしいと他人事にいうのも嘘っぽいからマジで云うけれど、

信号が人を守るために前もって作られるのではなく、
人が死んでから、そのあとに作られるように、

標識もまた、なんとなく危険そうな場所に前もって作られるのでなく、
本当に危険で実際に悲しい出来事があった場所に、
誰かが悲しい思いをした後で初めて、作られるものです。


この「その他の危険」と呼ばれる標識ならば、なおさらのこと。
全く予知が出来ないわけですからね、「その他の危険」に対しては。
設置のしようがないですよね。
つまりは、何か事が起こって、初めて危険だとわかって、
この標識は取り付けられるわけです、その場所に。

もう、何かが起こらないようにという願いを込めて。

何が起こるのかはわかりませんが。
もしもあなたのいつも通ってる道に、
いつのまにかこの「その他の危険」を表す標識がつけられていたならば、

そういうことなのだと、思ってください。








ちょっとあの、オチがないので、最後に稲川淳二の画像を2枚貼って終わりますね。


m93-0356-080317.jpgm93-0356-080317.jpg



スポンサーサイト















≪ 【タイミングがわからない】 | ↑ | 【すまさじさ】 ≫




コメン㌧もらっていいの?

おコメン㌧を投げつける

 
スミタカストーンにだけ伝えたい
 

寅ック Back

TB URL

Home

ぷろぴーぷー

すみとん

Author:すみとん
頑張って生きてます。
■28歳になっちゃった
■正式名称はスミタカストーンっていうんだ
■うぇッ!・・・あっゲップしちゃった。
■埼玉県在住、人生迷走中
■「スミ㌧」とか「すみさん」って呼ばれてるよ。
■リンク・コメントはご勝手に!
■。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビォエェェェェェン!!
■思ってるよりも悪いヤツだよ。多分。






ったいさんの形見のバナー!

人気ブログランキング

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクさん

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。