いのなかとらさん

もう1年ちょっとで三十路の人がふとあの頃を思い出して復活したブログ



■チョロQは前に進むために、一回バックするんだってよ■


←ウィキ風呂というお風呂が昔ありました。


--年--月--日(--)      スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








2008年10月11日(Sat)      ■昔のねた■

【秋だから怖い話】


すっかり秋ですね。
秋といえば幽霊の秋ですよね。

幽霊はいます。

霊感のない僕が何故そのように言い切れるのか。

答えは簡単です。

霊感ないのに幽霊を見たからです。

人生で2回ほど、幽霊を目撃しました。
今日はその話をしてみます。
こっから先は、まったくおもしろくないです。本当にオチもなんにもない話しです。



①初めての幽霊

これは中学校の修学旅行の時の話です。
まぁ、いろいろ進んで行きますよね、計画通りの道のりを。

僕はそのとき北海道に住んでいて、本州の方に修学旅行に来ました。
それでまぁ、そのときクラスでお寺みたいなとこを見学してまして。
案内役のおばあさんの話を聞きながら、ゆっくりと、みんなで。

で、歩いてるとおばあさんが、なんかを祀ってる所に案内してくれたんです。
そこでみんな立ち止まって、一旦、おばあさんの話を聞く。
おばあさんの話はすごいゆっくりな感じの、なかなかマイペースな話でね。
それはそれで怖い話なんですがね。
んで、そこでおばあさんが言うには、
「ここで祀られてるのは4人の部下に守られながら死んでいった」人だと。
つまり、昔ある君主かなんかがいて、部下が4人いて、
戦で自分を守るためにその4人の部下が命をかけたものの死んでしまって、
最終的に部下に一生懸命守られた本人も死んでしまう。
その君主を祭ったのがこの場所だ、ということなんですよね。

でおばあさんが言ったんです。

「ここでは絶対に写真撮らないでください。」

まぁ確か、お寺みたいなのを見学するはじめから、
写真は撮らないでね、みたいな注意はされてたんですけどね。

でも、僕はその時、「心霊写真撮ったヤツ勝ちな!」
みたいなくだらない遊びを友達としてまして。
正確には、やや友達なんですけどね。
それはそれで怖い話なんですけども。

そんでおばあさんが話し終わって歩いていって、みんなも歩いていって、
で、僕はみんながいなくなったのを見計らってそこで1枚、

パシャリ!と撮ってしまったんですよ。

んで、その後はまぁ、なんにもなかったんです。

でまぁ、修学旅行が終わり、帰ってきて現像しました、その写真を。
写真屋に行って、使い捨てカメラのフィルムを現像してもらいまして、
それを家で見ました。自分の部屋で。
まぁ正確に言えば、部屋ではないんですけどね。
それはそれで怖い話なんですけども。

僕はあの時、斜めから写真を撮ったんですね。




sekihisekihin.gif

石碑がこうなってるような、こんな感じで。
パシャリ!と。








結論から言うと、霊が写ってました。



3体。







sekihisekihin2.gif
こんな感じで。










まず何が凄いって、1個完全に頭蓋骨です。
ごめん、これガチなんだ。
目とかの部分の形もしっかりくっきり現われてんだ。

この頭蓋骨があったから、僕は霊の存在を信じてるんだ。
今も、ずっとこの先も、信じてるんだ。

であとの2つは白いもや。

1人いないけど、
これもう完全におばあさんの話に出てきた4人の部下です。
うん、1人いないけどね。

けどね、その写り方がすごいの。

ちょうどね、4隅にいるような感じなんですよ。
その石碑みたいなとこから1メートルくらい前の空間に地面と垂直に平面があって、
その平面の4隅にいるようなことを思わせる距離感、配置、頭蓋骨のちょっと斜め感。
わかるかな?口で説明するのは難しいんだけどもさ。

斜めから撮ってるそれが、ちゃんと本物撮ってるみたいに反映されてんの。
一人写ってないけど、いるの、位置的に。写り方的に、
確実にそこにいるの。いるとしか思えないの。
ガチで、本当に4隅にいるかのように写真に反映されている。

それが凄い。
それがホントすごい。

武士達が君主を死んでからもずっと守ってる、それもまた凄いんだけど。



なんのオチもないけど、今も家に写真残ってるんじゃないかな。

見つけても、載せませんけどね。ガチ過ぎるから。
そういうの怖いんでね。呪い的なのさ。

ともかくこれが僕の初めて幽霊目撃?談ですね。
これがあったので、今まで、ずっと霊の存在は信じてますね。

オーラの泉的な霊は一切信じてないですがね。
あんなもの、気持ち悪い!














②謎のおばあちゃん


ある夏の夜に金縛りにかかりました。
体は動きません。でも意識はあります。
そして目だけが何故か動かせます。
怖いからずっと目を閉じてました。
けど思い切って目を開いてみました。
僕の足元に知らないお婆ちゃんが正座して座ってました。
悲鳴をあげようとしても声が全く出ません。
逃げようとしても体が全く動きません。
何とか右手に全神経を注いで、右手がやっと動いたと思ったら、
フッと体も動くようになって、声も出るようになって、
で,パッとみたら、謎のお婆ちゃんはいなくなってた。

て言うだけの話しです。

が、ガチです。










幽霊ってアレだよね。

死んでるのに死にきれないからそこにいるわけでしょ。

多くは、死んでるのに気づいてないんだよね。

感情とかが多分消えないで残ってて、人間も見える、
だからこそ、死んだことを想像すら出来ないんじゃないかな。

生にしがみつくってよりは、まだ生だと思ってる、
僕はね、霊ってそういうもんだと思いますよ。


その4人の武士の霊の写真撮ったときからずーっとぼくはそう思ってますね。

もしかしたら僕達も実は死んでるんじゃないでしょうかね。
死んでることに気づいてないから、今日も生きてるんですかね。
それはそれで怖いと思いますか?
いや、僕はそれはそれで幸せなことだと思いますけどね。
死んでも生きてられるなんて、夢みたいな話じゃないでしょうか。

ずっとずっと幸せなんじゃないでしょうかね。
生きてるのに死んでる人たちなんかよりは、ね。
それが多分一番怖い話だったり、しますけど、ね・・・。
スポンサーサイト















≪ 【虚飾症】 | ↑ | 【都市伝説の作り方】 ≫




コメン㌧もらっていいの?

修学旅行とか社会見学とかの集合写真って
みんな霊が写ってないかかならず探すよね^^
写ってるって言われても私にはわからなかったんだけども。

すみちゃんのはそれとは違って知ってて撮影したんだねΣ(゚Д゚ノ)ノ
亡くなっても尚君主を守ってるって
そうとうの強い想いがあったんだろうなぁ。

そうだね、死んでるの気付かないのは幸せなことなのかも。
もしみんな死んでたとしてこの世界が死後の世界だったとしても
みんなが死んでるから現世となんら変わらずいきてるんだろうなぁ。
でもそう考えるとなんかちょっと怖いけど・・・。

あ!そういえば私も昨日頭洗ってるときに
何か腕に硬いものが当たったような気がしたんだよ~
気のせいだと思ってるけど(A*´∀`;)アハアハ

あまりにも本格的な怖い話でびっくりしましたΣ(=°ω°=;ノ)ノ

ホラーって苦手なんですよね。
洋画のサスペンスとかは見れるけど、邦画のホラーは見れない。。。
「リング」とか「着信アリ」とかも怖くて見れないっす(/ω\)
そんな映画見た後は、シャワーで目を閉じることも出来ません。

心霊スポットで写真を撮るとホントに写るんですね(・ω・`)
その写真、公開したらホントにやばそうです。。
公開しないにしても、ちゃんとお払い的なことをした方がいいんじゃないですか?

俺も金縛りはたまにあるんですけど、怖くて目が開けられないです。
何か居たら本当にどうしていいかわからないから。。。

■さとちょん

>修学旅行とか社会見学とかの集合写真って
>みんな霊が写ってないかかならず探すよね^^
そうだよね。終わった後に写真見ながら探すよね、特に夜のやつ。
>写ってるって言われても私にはわからなかったんだけども。
写ってるのは、一応あったのか!?それはそれですごいけども。
まぁ、わからない方が幸せだと思うよ、幽霊なんて見えないほうがいい!!

>すみちゃんのはそれとは違って知ってて撮影したんだねΣ(゚Д゚ノ)ノ
そうなんだよね。あえて、撮ろう、見たいな勢いでさ。
>亡くなっても尚君主を守ってるって
>そうとうの強い想いがあったんだろうなぁ。
これはね、実際の写真見たら、ほんとにね、すごいんだ。
ここに書いたの事実だもん、全部。それでいてあの写真だもん。
やっぱりそういうのってあると思うんだな。

>そうだね、死んでるの気付かないのは幸せなことなのかも。
うん、それはある意味で幸せじゃないかな。
>もしみんな死んでたとしてこの世界が死後の世界だったとしても
>みんなが死んでるから現世となんら変わらずいきてるんだろうなぁ。
>でもそう考えるとなんかちょっと怖いけど・・・。
それはそれで怖いけどもね(笑)まぁ、でもそんなことはないから安心してくれ!
大丈夫さ!

>あ!そういえば私も昨日頭洗ってるときに
>何か腕に硬いものが当たったような気がしたんだよ~
>気のせいだと思ってるけど(A*´∀`;)アハアハ
えっ、それって!!?
もしかして・・・・・・、もしかして!!?も、ももも、もしかして!!?
それって、あれじゃないの!?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・壁。

おコメン㌧を投げつける

 
スミタカストーンにだけ伝えたい
 

寅ック Back

TB URL

Home

ぷろぴーぷー

すみとん

Author:すみとん
頑張って生きてます。
■28歳になっちゃった
■正式名称はスミタカストーンっていうんだ
■うぇッ!・・・あっゲップしちゃった。
■埼玉県在住、人生迷走中
■「スミ㌧」とか「すみさん」って呼ばれてるよ。
■リンク・コメントはご勝手に!
■。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビォエェェェェェン!!
■思ってるよりも悪いヤツだよ。多分。






ったいさんの形見のバナー!

人気ブログランキング

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクさん

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。