いのなかとらさん

もう1年ちょっとで三十路の人がふとあの頃を思い出して復活したブログ



■チョロQは前に進むために、一回バックするんだってよ■


←ウィキ風呂というお風呂が昔ありました。


--年--月--日(--)      スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








2007年04月25日(Wed)      ■昔のまじめ■

【フェイドアウト】




ジャカジャン!!って最後に音を響かせて終わる音楽よりも、

徐々に小さくなって終わっていく音楽が僕は好きだ。









尻つぼみ、そんな風に言ってしまうのはおもしろくない。
ゆっくり小さくなって、やがて消えていく音。
そこに僕は風情を感じてしまうのだから、誰にも文句は言わせない。
音のフェードアウトとはつまり、音源が遠くなっていくようなものだ。
その感じがなんか好きなんだ。遠くなっていく感覚が。
例えば普段街を歩いていて聞こえる「たけや~、さお竹」のあの音。
近くにあれば大音量で耳を痛くさせるけど、
それが自分のいる場所から次第に遠ざかっていく時、
徐々に音は小さくなり、やがてかすかに聞こえたと思うともう、
すぐに聞こえなくなる。
その時僕の耳には、さおだけの音はもう聞こえてないんだけど、
僕のいる場所から毎秒毎分毎時と遠ざかりつつ、その場所では、
元気で変わらずに今だって音を発し続けているんだと思うと、
なんだかちょっとだけほわわわ~んとしてしまう。
わけもなく、そんな感覚が僕にはあってしまう。
徐々にだんだんとフェードアウトしていくからこそ、残っている余韻。
もう、その街頭の音には一生涯出会う事なんてないとも思うけど、
それでも僕の知らないところで音を、声を、変わらずにずっとずっと、
出し続けているんだろうなぁと思い馳せると
それがなんか、いいんだよ、その感覚がみょ~に。

音が遠くなって、小さくなっていって、やがて聞こえなくなる。
それはただ僕に聞こえなくなっただけで、今もその音は出され続けてるし、
誰かはどこかでその同じ音を聞いている。
そして同じ思いをしている。

そんな感覚が妙に心地いいんだなぁ。
フェードアウトっていう
ものの良さってこれなんじゃないかなって思う。

音だけに限らない。

映画とか目に映る像にも同じ事が言える。
絵が一瞬でパッと切り替わったりすることなく、
徐々に小さくなったり横にずれてったり透明になったりしながら、
スーゥッって消えていく。
消えた時そこには像としては何も残らないんだけども、
なんだろう、余韻というものだけは残るんだ。
僕はその余韻に酔えるんだ、その余韻でへべれけになれるんだ。
うまく言えないん
だけど、その感覚がとにかく好きでたまらないんだ。

布団の上でいつか僕もご臨終を迎えるときが来る。
人生も、願わくばフェードアウトしていけたらいいなって思う。

いや、だから、尻つぼみっていうことじゃなくてさ。
人生の尻つぼみはそりゃなんか寂しいけど。そういう意味じゃない。

しずかーに、消えて行きたい、徐々に、徐々に。
ゆーっくりと、あの世へ向かいたい、一歩ずつ、やっぱ徐々に。
そしてじょじょ~に忘れられていくんだ。

そこでスパ!って終わるのがなんか好きじゃないのかもしれない。
それはもう本当に内面的な問題で。
直すとか出来ない、個人の好み的な問題で。
何かがスッとパッとあっちゅう間に終わるのが好きじゃないんだろう。

可能な限りずっと余韻に浸っていたいってのもあるのかもしれない。
例えば友達とバイ
バイする時とかもよく考えたら僕は、
「バイバイ!」って言ってそれでそこでスパって切れるんじゃなくて、
ちょっと歩いたら軽く振り返ってみて、
去っていく友の後姿を眺めながら、自分も徐々に去っていくっていう、
そーいうのがやっぱ多いのかもしれない。

そこにあるのはやっぱり、余韻なのかもしれないね。
さっきまで一緒にいたっていう余韻。
それをまだ感じていたいという思い。
愛すべき事実を、
徐々に徐々に自分から遠ざけていく、ゆっくり徐々に。
それが余韻を作り出す上では重要
な事なんじゃないかな。

好きだから自然とフェードアウトを好んでいる自分がいるんだろう。

出来るならブログもフェードアウトして行きたい。徐々に徐々に、
ゆっくりと、確かに、あせることないで徐々に。
そこでまた余韻というのが生まれるんじゃないかな。
それに酔うことが出来る人もいるし、当然出来ない人もいる。
それを変な感覚と捉える人もいれば、
コラーゲンを摂取して「あらやだ~!若返っちゃうわ、んもう~!」って
はしゃぐおばさんのようにキャピキャピな感覚を得る人もいるかもしれない。
その変な感覚がクセになれば、また味わいたいと思うのが、
酔っ払いの性じゃないのかな。
とにかく余韻に酔いたい、
浸りたい。余韻の泉に浸かりたい。
僕にはフェードアウトがその感覚を作ってくれる。
その変な感覚を味わせてみたい、パソコンの前のアナタタチに。だから今日の記事も徐々にフェードアウトして、こうして終わろう。
そして僕は意識を徐々にフェードアウトさせて、
夢の世界へと自分を誘おう。
そして朝が来て、眠りからまた徐々にフェードアウトして
目を覚ました時、
その日見た夢の余韻に浸って、

ほわわわ~んてなれれば、それでよいのだ、ああまた酔った






人気ブログランキング
スポンサーサイト















≪ 【にゃにゃにゃ・・・】 | ↑ | 【北海道があの人に見える】 ≫




コメン㌧もらっていいの?

お久しぶりです!!
やっとこさですよ、やっとこさ!!

もうどれだけ待ち望んでいたことか!!

スパッより確かにジョジョにジョジョにオラオラ
無駄無駄ボラボラのほうが何かいいですもんね~

あ、ウルフルズ結構そういうの多いですよ~♪

あの~最後のほうがジョジョに字が薄くて
もう温水のあれみたいになっちゃってて読みづれぇよぉぉぉ!!

おかえりなさい。

あー、あたしもフェードアウトしてる曲のが好きだなぁ♪
まぁ、ちょっとノリがイイヤツはジャカジャンでもイイんだけどね(笑)
フェードアウトしてる間に、ちょっと気持ちが穏かになる気がするんだよなぁ、余韻。
本当、余韻ってものはイイ。

でも、恋愛だけはフェードアウトはヤダー。
ジャカジャンってしないと、次が見えないんですもの(笑)

って、記事もフェードアウトしてるー!!
見逃しそうになっちゃったじゃないのー。
逃がさないわよ(笑)!!
でも、ほわわわ~んってなるのが1番。
酔ってもイイのだよ。
あたしも酔う。

★ミップさん★



お、お久しぶりです!!
まさかこんな辺境の地に足を運んでいただけるなんて!!
やっとこさ、嬉しいです・・・・、ありがとうございます!!
待ち望んでいてくれたんですか?
どんだけぇ?どんだけ?

>スパッより確かにジョジョにジョジョにオラオラ
>無駄無駄ボラボラのほうが何かいいですもんね~
ごめん、僕、ジョジョって言う漫画全然好きじゃないんだぁ。
あの絵が受け付けなくてね、うん。
だから無駄無駄無駄無駄とか言われても何言ってるかわからないんだ、
ごめんよ、空条承太郎さん。

ウルフルズはいいよね。
そういえば情熱A GO GOって言うヤツ、ミップさんのとこで見たわ。
結構好きだった、ウルフルズ最近また好きになってきたかも。

>温水のあれ
毛か?毛のことかーっ!?

ただいま。またよろしくw

★郁貴さん★



フェードアウトいいよね~!
そうそう、もちろんフェードアウトしないでジャカジャンって終わる方がいい曲ってのもいっぱいあるけどさ、
それでもやっぱりフェードアウトして終わる曲っていいんだよね。
ジャカジャンって終わる曲があるからこそ、
それと比較できて余計にすきなのかもしれないけどもさ。
だんだん音が小さくなっていくと、確かに気持ちが穏やかになっていくようで。
それで生まれる余韻は、そうとう、酔える余韻なんだなぁ。

>でも、恋愛だけはフェードアウトはヤダー。
>ジャカジャンってしないと、次が見えないんですもの(笑)
恋愛はそうだね(笑)
ジャカジャンってすぐ終わらして、
そっからすぐ新しい恋にフェードインしていくのが一番いいよね、
しらねぇけど。

ほんとは記事をフェードアウトさせたかっただけでした(笑)
書き終わった後に、やっぱ、酔わさせていただきました。
記事を書いただけで、余韻に浸って、酔える僕がいる。
ありがとうございます。

おコメン㌧を投げつける

 
スミタカストーンにだけ伝えたい
 

寅ック Back

TB URL

Home

ぷろぴーぷー

すみとん

Author:すみとん
頑張って生きてます。
■28歳になっちゃった
■正式名称はスミタカストーンっていうんだ
■うぇッ!・・・あっゲップしちゃった。
■埼玉県在住、人生迷走中
■「スミ㌧」とか「すみさん」って呼ばれてるよ。
■リンク・コメントはご勝手に!
■。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビォエェェェェェン!!
■思ってるよりも悪いヤツだよ。多分。






ったいさんの形見のバナー!

人気ブログランキング

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクさん

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。