いのなかとらさん

もう1年ちょっとで三十路の人がふとあの頃を思い出して復活したブログ



■チョロQは前に進むために、一回バックするんだってよ■


←ウィキ風呂というお風呂が昔ありました。


--年--月--日(--)      スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








2007年04月24日(Tue)      ■昔のねた■

【北海道があの人に見える】




日本列島



日本の地図をぼーっと見ていると、

北海道が突然、あの人の顔に見え出したから困ってしまう。

























北海道がサザエ














一度それがあのやんちゃなお姉さんに見え始めたら、
もう僕らの思考は、
たちまち行ってはいけない方向へと身勝手に進んでいってしまうだろう。

僕はかれこれ17年ほど、北海道の札幌に住んだ事がある。
それゆえ、北海道に住んだ事ない人よりかは、
多少ではあるけれど、その思い入れはほんのちょっと強い。
小学校では自分の住む土地である北海道の、
様々な地名や特産物などをとりわけ学んできたし、
そのたびに北海道という確かな輪郭を幾たびもその目に入れてきた。

皆も笑ってない。お日さまも笑ってない。
るーるるるーるーって誰も唄ってない。
でも財布は忘れてる。そんなお茶目な一面もある。

その僕の中で揺るぐ事のなかった北海道の輪郭は、
日曜日を象徴するそんな陽気なお姉さんの顔に、

すり替わってしまった。

そしてこれを手始めに、僕は吸い込まれていく。
底の見えない、穴の中へ。














アナゴが九州


















僕の中の九州が、突如その姿を変えた。
神々しいばかりにみずみずしいそのクチビル。

僕は九州には行ったことがない。
そこには薩摩の男などに代表されるように、
九州といえば日本男児、というイメージを勝手に持っている。
そして桜島、さつまいも、明太子、明太子、ひとつ置いて、明太子。
それでも人生通して、何度かこの目に見て、頭に詰め込んできたはずの
僕の中の九州の形は、

今ここで、明太子のようなクチビルを持った、
多くのイケメンを惑わす、魔性の男によってその存在を奪われていたんだ。

「お~い、フグタく~ん!!」
ここティバ県から遠く離れた、彼の地、九州より、
ワイルドで、けれどその中にマイルドさもある叫び声が聞こえる。
その言葉はフグタくんには決して届かないのだけれども、
海山商事という会社に勤める、
人類最強の企業戦士かつ、アマチュア芸人みたいなもんであるこの悪魔のような男は、

僕の中の九州の所に、
クチビルをぷるんとさせながらやすやすと、入り込んできたのだ。

そしてもう、それを僕に止めるスベはなかった。














三郎が四国















僕の中の四国までもが、変わってしまった(!)
それは同時に僕の中の四国の思い出までもを変えてしまう事になる(!)
いや、四国に思い出なんて一切ないんだけどね。

勝俣ヘアーがトレードマークの、あの三河屋のお酒売りの顔が、
一気に四国にすり替わってしまった時、
僕はこの世では力がない、どうしようもなく無力であるという事を強く感じるのだ。

四国といえば、愛媛、高知、香川、徳島。
四が三となり、四国が三河屋になった。四国が三郎になった。
三河屋の顔とも言える、この鼻がツンと上向きの好青年は、
僕の中の四国像にズケズケと入り込んできて、

そのポジションを奪ってしまった!

そのくせ、ちょっとだけ寂しそうな顔してやがる!
なんだと、勝手に僕の中の四国像を奪ったくせに、
なんでそんな寂しそうな顔してるんだよ!!
もっと笑えよ、それじゃなきゃ、俺は怒っちゃうぞ!!
ほらこの腕で、抱きしめてやるからさ、
だから・・・・・・笑えよ、な。









「お~い、フグタく~ん!!」






そのとおりまさしく九州の顔になったクチビルおばけが、
まださっきからその人を呼んでいる。
でもそんなのは無駄なんだよ。
彼が来るはずないのは、自明の理なんだ、
考えなくてもわかることなんだよ。

理由がある。

本州はさすがに複雑怪奇な形をしていた。
いくらあらゆる方向から頭の中で思い浮かべてみても、
婿養子で御馴染みのアイツの顔は、そこにはピタリと当てはまる事はない。
だってアイツの顔の形は、本州なんかじゃないから。
だってアイツの顔の形は、
本州なんかじゃないから。
だって本州なんかじゃないから、アイツの顔の形は。

どうやったって、本州というパズルにピタリとはまるピースにはならないんだよ。

そこで自分の想像力の限界を知った。
想像力というものには、やはり突き当りというものがある。
その壁をいつかは越えたいんだけれども、
まだ時期尚早なんだろう、今回は潔くあきらめるしかないんだ。













と、その時だった。















マスオ登場


ででーん!

「フ、フグタくぅん!!」
















アイツがやって来たんだ。

アイツは無理して、めっちゃ無理して
自分の顔を少し歪めながらも、本州に覆いかぶさって来た。
めっちゃ無理してるけど、整形でもしたんだろうか。
だとしたら、大馬鹿だよ!
こ~いつ、大馬鹿もんだよ!!
お前笑えるよ、なんでそんなに無理したんだよ、あっはっは!!
ばっかじゃねぇ~の!!・・・・・・・でも、ありがとな。

信じられない。
信じられないのは僕だけではなかったようだ、ほら、見てご覧よ。
あいつ自身が一番驚いている。
その顔の表情は、また、新たなる彼の可能性を暗示しているかのようだ。

はるか九州の地から、たらこクチビルが呼ぶその声は、
こうしてめでたく、このメガネの耳に届いて、
言葉は1人じゃ決して開けることの出来なかったドアを開けて、
ここに新しい、それでいて嘘みたいに心地よい、
空気を運んできたのだ。

なんたる、お調子もんだい。
ハ~ラハラ、・・・・・・さっせやがってー!!










僕らは日本人である。
この島国に生きている。
そしてこの日本という島国に生きている事を誇りに思う。

いつどこで日本が誕生したのか。
何のために日本はうまれ、どうして今も日本はここにあるのか。

その真実を知るものはいない。

誕生し何千何万と時を経たが、雄大な自然は今もまだここにあり続ける。
山は幾峰も連なって、上から僕らを見守ってくれている。
桜は散っても季節が巡って春になれば、また桃色の花びらがこの国を彩る。
月が今宵も朧に、上に、湖に写ってゆらゆら揺れながら、下に、
悠久とあり続ける花や森の木々に囲まれて
広大な海の上に浮かぶ、ちっちゃいけれど素敵な島国がある。

マスオ登場



人は、これを日本と呼ぶ。




人気ブログランキング
スポンサーサイト















≪ 【フェイドアウト】 | ↑ | 【このブログを書き終わったとき、僕はこの世にいないかもしれない】 ≫




コメン㌧もらっていいの?

マスオさん・・・・・・・・圧倒的存在感ですねw婿養子なんですがね~。

沖縄は誰になるんだろうかと気にってしゃ~ないです♪

最近、僕の周りでマスオさんが驚いたときの「えぇ~??」っていうものまねをするのがえらい流行ってます。
これがまた上手い人がいるんですよね~☆

わー!
フグタくんかなり無理しちゃってるーw
オレが住んでるのはこの婿養子の口辺りですかね。
いやぁ~まいったまいった。

そんなオレも日本人です。

あとリンクのほー、貼っちゃって全然かまいませんよー!
オレも貼っていいんですかね~?
ってか貼りますw

フ、フグタくん・・・
いつから、そんなにしゃしゃり出るようになったの!?
みんなの期待に応えちゃって!!
でも、無茶したなぁ・・・
人間山脈とクチビルオバケとスネオヘアーの期待に応えちゃうなんて。
粋な男だったんですね、タラオパパは。

★リョーレルくん★



圧倒的存在感だけど、婿養子でもいいじゃないか!
>婿養子なんですがね~
こらぁ!!婿養子でも別にいいじゃないか!
僕は将来婿養子になるつもりだい!

沖縄はね、ちっちゃかったから省かせていただいちゃいました。
最初は、イササカ先生にしようと思ったんだけど、
縮小したらきゅうりみたいになっちゃったから、苦渋の思いで消去しました。
ごめんにょ。

マスオさんのモノマネね~。
とんねるずのモノマネのやつで、キャンキャンっていう芸人の片割れがやってたような気がするわ~。
上手い人には、僕から拍手を送っておきます。

★朔太郎くん★



フグタくんはやっぱ、無理しちゃうタイプですから。
家族を背負ってるわけで、お金も稼がなきゃいけないからね。
こういうバイトもしなきゃやっていけないのです。

>オレが住んでるのはこの婿養子の口辺りですかね。
なんか口の辺りっていやだね(笑)
よだれとかつきそうだから、しかもマスオさんのだし。
僕はちなみに、マスオさんの左目付近だよ。
これも嫌ですよね、目ヤニとかつきそうだし。

僕ら日本人です。これからも日本人です。よろしく!

リンクありがとうございます!!
感動しました!!涙がこぼれました!!ちょっとだけですけど!

★郁貴くん★



>いつから、そんなにしゃしゃり出るようになったの!?
しゃしゃり出てきたわけじゃないでしょうに!!
みんなが期待したから出てきたんだよ、
ヒーローじゃんか、ヒーローじゃんかぁ!!

>でも、無茶したなぁ・・・
>人間山脈とクチビルオバケとスネオヘアーの期>待に応えちゃうなんて。
>粋な男だったんですね、タラオパパは。

なんだこのまとめ(笑)
そうなんだよね、粋な男だったんだよ、カツオギリアニは。

おコメン㌧を投げつける

 
スミタカストーンにだけ伝えたい
 

寅ック Back

TB URL

Home

ぷろぴーぷー

すみとん

Author:すみとん
頑張って生きてます。
■28歳になっちゃった
■正式名称はスミタカストーンっていうんだ
■うぇッ!・・・あっゲップしちゃった。
■埼玉県在住、人生迷走中
■「スミ㌧」とか「すみさん」って呼ばれてるよ。
■リンク・コメントはご勝手に!
■。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビォエェェェェェン!!
■思ってるよりも悪いヤツだよ。多分。






ったいさんの形見のバナー!

人気ブログランキング

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクさん

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。