いのなかとらさん

もう1年ちょっとで三十路の人がふとあの頃を思い出して復活したブログ



■チョロQは前に進むために、一回バックするんだってよ■


←ウィキ風呂というお風呂が昔ありました。


--年--月--日(--)      スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








2007年04月23日(Mon)      ■昔のにっき■

【このブログを書き終わったとき、僕はこの世にいないかもしれない】




図書館で借りてきた本を読んでいました。
大学のお勉強の関係で、

『日本神話がわかる。』

っていう本を読んでいました。





図書館って、考えたら、素晴らしい公共施設ですよね。
だってノンマネーで本が借りれるわけですよ。
本屋のように最新の本がいつでもどこでもあるわけじゃないけれど、
それでも数え切れないほどの本が一面に蔵書されているんです。
その中から僕らは好きな本を手にとって、ぱらぱらっと捲りながら、
借りたい本は、自由に気ままに借りる事が出来るわけです。
よりどりみどり、本の楽園ですよ。

ただで借りれるって事。
そこにあるのは信頼のみ。

身分を明かして図書館カードみたいなものを作る、ただそれだけで、
本を2週間ぐらいも気前良く貸してくれるんですから、
ほんとーに信頼されてるんだなって思いますね。
こんな不気味な顔した僕でも、
あぁ信用してくれてるんだなってなんだか嬉しくもなりますよ。
もちろん向こう側は信頼してくれてるんだから、
こっちはきちんと責任を持って、返却する。
それがきちんと行われてるからこそ図書館は、来るもの拒まず、みなウェルカムって感じで、
長き年月にわたって、自分の住む地域とかに君臨し続けているんでしょうね。しらないけど。

そんなわけで、まことに僭越ながら
図書館をそこそこ活用させて、いただかせて貰ってます!
本を借りて、返しにいって、そのときにまた新しい本を借りて、また返して、
うまいことそのループに組み込まれていってるわけです。
借りた本、もちろん読まないで返すやつも多いですけど、
やっぱりお金払ってのレンタルじゃないですから、
読んでなくても気負わずに返却できるのもありがたいですよね。
ありがたい、ありがとう!

そんなわけで、一週間前ぐらいに図書館から借りた本を読んでいたんですよ。
神話っておもしろいなぁって思って読んでいたんです。
純粋に。童心に返ったような気持ちで。

それで。

その本を読み進めてページをめくっていったらばですね、
97ページの左下、隅のほうに一瞬僕をひきつける何かに目を奪われたんですよ。





表






そこにね、黒い、なんか模様みたいなものが書かれていたんです。

でね、最初はね、
「このページ、古代についての事が書いてあるから、
そういう模様が印刷されてるんだなぁ」って思って、
とりたてて気にすることもなく、よいしょ、どっこいしょって感じで次のページをめくったんですよ。
それそ~れ、あ~らよっと、っていう感じで。






裏








そして普通に本文読んでて、目を下の方に移すにしたがって、何か違和感を感じて、ついに
「あれっ?」
って、そう声をあげてしまいました。

滲んでたんですよ、紙が。
さっきの模様みたいなヤツがあった場所と裏表の全く同じ場所、
インクかなんかが紙越しにじわじわと滲み出てきてたんですよ。
そんなに古くないようなインクがじわじわと。

うわーって思って。だってこれさ、つまりはさ、
始めから印刷されていた模様じゃなくて、
誰かがここにこうして意図的にインクで書いたものということなんです。
97ページの左隅の下にわざわざ油性ペンで誰かが書いたんだ。

で、良く見ると、それは模様というよりかは、
1字1字が均等の大きさで書かれている、文字のようなものに見える。
昔の古典の書物とかに書かれてる「崩し字」と呼ばれる日本固有の文字にも、
ともすれば見えるし、
またそれは、僕らの知らない国で使われている未知なる言語にも思える。
とにかく僕たちが普通に今の時代において使っている文字、
ノートに書いたり、小説を読んだり、ラブレターを書いたり、
不幸の手紙を書いたり、棒の手紙を書いたり、離婚届にサインを書いたり、
生きてて普段使っている、今もブログにこうして表しているこの日本の文字とは、
それは全く違うって事だけは、疑いようもない事実なのだ。

なんて書いてあるのかがわからない。

これはもしかしたら、宇宙人による人類へのメッセージなのかも知れないし、
ひょっとするとどこかの秘密組織が、この本を通じて誰かと交信していたのかもしれない。
ここに書かれている文字は暗号で、
麻薬を取引する日時とかが書かれているのかもしれない。

いくら考えても答えはよくわからないんだけれども、
これだけは言える。

「あぁ、僕は事件に巻き込まれたんだな。」







この図書館のこの僕が借りたこの本は、
よりにもよって、誰かから誰かへ重大な連絡をするための媒介だったに違いない。
誰から誰なのかは、わからない。それが人間なのかもわからない。
けれど、これはヤバイ。
僕の第6感が、それを知らせてくれている。

不特定多数の人が本を借りるという認識を前提にしてるのが図書館だから、
図書館側も見るからに怪しい人物とかをマークしてるわけじゃない。
大規模な書店のように、防犯カメラも万引き監視員もいない。
全ては信用と個々の責任で持って成り立ってるのが図書館だからこそ、
そこに生まれた隙間を利用して、
この本を介して、重要な連絡を取っていた。

そう考えるとますますそれが真実味を帯びてくる。

つまり、本当はこの本は、あの日他の誰かが借りていくものだった。
この本に書かれている、この謎の文字を見るために。

わざわざこの本を借りるやつはいないだろう、それが甘い考えだった。
わざわざそれをよりにもよって借りてしまった僕がここにいるのだから。







なるほど、この本を借りたのは、一週間ほど前だ。
実は一週間前から、僕の身辺が急に慌しく騒ぎ出していた。

家には「マンションの販売」と称して怪しげな訪問者がピンポンのベルを鳴らす。
僕はそれに出ちゃいけないと、居留守を使っている。
仕方ないんだ、本能が僕に危険を知らせてくれているのだから。
きっと僕を探しているのだろう。
顔なんか知られているはずないのに、きっと秘密組織が僕の素性をどうにかして暴いたのだ。
それぐらいこの本は重要だったのだ、今になって気付いた。

土曜日には僕の家の前で不審な選挙カーが、投票お願いしますと何度も何度も回っていた。
狂ったように同じところばかり回って、選挙活動をしていた。
あれは選挙というのは表向きでほんとは僕を探しているに違いないんだ。
ついに政治権力を持つ巨大な組織までが動いている、と確信めいたものを感じてしまう。

やっちゃった。これでもう明らかだ。
僕は事件に巻き込まれた。
悔しいです。巻き込まれちゃった。

たすけて、たすけてなかやまきんに君!!
アメリカから早く戻ってきてなかやまきんに君!!

今も、この本を取り戻すため僕を探して追っ手がやってきている。
ここが見つかるのももう時間の問題だ。
こんな時間なのに外では、ヘリコプターの音が聞こえる。

・・・・あっ、なんか!!
なんか、窓がゴトゴト音を立てている!!
たすけて、この本を取り返しに誰かが家までやってきた、ひぎぃぃたすけてぇ!!
・・・・うっ、なんだ、ただの風かよ・・。

・・・・あう!!?・・・うきゃああああああああ!!
い、今、急に、僕の部屋の電気が消えたんだよぉ!!
あれ、付いた。
・・・・な、なんだ、ただのポルターガイストかよ・・・。

・・・・あっ、うきゃあああああああああああああ!!
い、今、誰かが僕の背中に触れたような気がしたんだ!!
・・・なんだ、ただのシャツかよ・・・。

わぁぁぁぁあああああああ!!
今、何かが指先に触れたような気がしたんだよ!!
・・・・なんだ、ただのキーボードかよ・・・。

うわぁぁぁぁぁぁぁひゃああああああ!!
今、何かが後ろにいたような気がしたんだ!!
・・・・なんだ、ただの知らないおばあさんの幽霊かよ・・・。






とにかく全ての元凶はこの本にある。
あぁ、なんで何万とある本の中から、この本を僕はよりにもよって選んでしまったのだろう。
とにかく逃げなくちゃ、こうしてる間にも組織は僕の命を狙っているだろう。
僕を殺してまででも、やつらはこの本を取り返しに来るはずだ。
僕はどうすればいい、どうしたらいいんだ。
逃げるのか、逃げるしかないのか。
この本を「何も見なかったです」というような、どーだ顔で返してやればいいんじゃないか。
いやもう、そんなの無理だよう。
だってブログに写真つきで乗っけちゃったからもう、
というか、ブログに乗っけちゃったって事は、こっちの居場所を明かしてるようなもんか?
IPアドレスとかから、住所とかなんかいろんな事わかっちゃうんじゃないの?
だとしたら、もう、すでに僕の居場所なんてのはばれているわけで、
するってぇーともう、家の中にやつらは潜んでいたりして。
なんちゃってね、そんなわけないよね、いくらなんでもそりゃないよね、
あれ、ちょっとおしっこ出そうになっちゃったから、
ちょっくらトイレ行ってくるね。
うちの中にいるわけないよ、まさかね。
鼻歌なんか歌いながら、ちょっくらブログ書いてる途中だけんども、
おトイレの方に行かさせていただきますね。
そんないるわけないじゃないか、まさかそんな、ねぇ。
じゃあ、ちょっと席をはずさせていただきますね~。

♪ふんふふ~ん ふんふふ~ん

ふんふふ~ん  ふ人気ブログランキング


スポンサーサイト















≪ 【北海道があの人に見える】 | ↑ | 【置かれていた】 ≫




コメン㌧もらっていいの?

ぎゃー!!
最後!最後のリンクおかしいー!!
完全に、完全に何かに巻き込まれてるじゃないの!!
大丈夫なのかー!!
あれは血!?血のり!?あ、味のりか。

でも、きっとこのコメントを書いたところで、すみちゃんには届かないんだ・・・(・∀・)


ところで
ポルターガイストにせよ、知らないおばあさんの幽霊にせよ、「なんだ、ただの」ってレベルじゃないでしょうが(笑)
あっさり言われると、「うん、そうか。」って思っちゃうから(笑)

そんでもってリンクの件ですが、何よぅ。
水くさいじゃないかー。
貼ってくださいませませ( ´艸`)♪
そんでもって、あたしも貼らせてもらいたいのだけども大丈夫かしら?
いつもPCのブックマークからひとっ跳びしてるのだけれど(・∀・)

えーーっ!
うそーん、それはないですよねー?
鼻歌途中で途切れてるけど、大丈夫ですよねー?

そりゃーどう考えても事件には巻き込まれますけども。
あれ見ちゃったら巻き込まれますけども。。

でも、それでも大丈夫ですよねー?
うそって言ってくれーーー!

はい、んで謎の文字ですが、古文書やってるオレにも解読できませんでしたw

図書館のいいところは、本屋と違って営利目的じゃないから、
『売るための本』じゃなくて、ホントの意味で『色んな本』があるところだと思う…
な~んつって考えながら読んでたら、なんとネタでしたかー。
やられた。しかも結構おもしろかった。ちくしょー。

続けてごめんよー。


前回のお返事読みました。
水臭いよー。ねえ、郁貴さん?
僕の方は大歓迎なんで、いつでもいくらでもリンク貼ってくださいな。

★郁貴ねぇさん★



いやー、ごめんごめんびっくりさせてしまって!
これ、ケチャップなんだよ、ごめんね。
目玉焼きに、いつもはしょう油なんだけど久しぶりに、ケチャップ掛けて食べてたら、
こぼれちゃったみたいだわ!
大丈夫だったよ、組織に狙われてなかったみたいだからさ、うん。
血のりならまだしも、味のりではないわ~。
そういえば最近味ノリ食べてないわ。もう一年以上喰ってないかも・・・。

死んでないから!!その声届いてるよ、コメントありがとう!!
このコメントのおかげで生き返ったのかもしれないよ、もしかしたらさ。

もうね、おばあさんの幽霊とか、ポルターガイストとかさ、
誰かに命を狙われてる状況じゃ、気にしてらんないじゃん?
だって、幽霊なんて結局は襲ってこないわけでしょ?
こっちは死がかかってるとなれば、もう、そんなの気にしてらんないじゃんか!!

リンクありがとうございます(笑)
早速貼らせていただきました、って、なんかアメブロのpingが機能してないみたいだねー。
そのうち直るのかな?とりあえず様子見ときますか。
照れくさいけど紹介文的なものをちょっと書いたから、見ないでくださいね。
そんなに気の利いたこと書いてないからさ(笑)。

えぇっ!リンク貼ってくれるの!!?
お、お願いします、こちらこそw

★朔太郎さん★



そんなわけないですよ、もちろん!
僕が死ぬわけないじゃないか、当たり前でしょ!!
大丈夫ですよ、ピンピンしてますから、ええ。

事件にも巻き込まれてないみたいでした。
僕の考えすぎなのかもしれませんよね。
でも、やっぱり謎の暗号文だったもんだから、怖くて・・・。
でもこうして無事に生きているので、心配してくれてどうもありがとうです(笑)

朔太郎さんならひょっとしたら読めるかなって思ったんですけどね。
古文っぽい感じもしたから。
でも違ったかぁ・・・。
じゃあこの文字は一体何なんだろう・・・、怖いなぁ。

★アル@ケータイ@授業中@さん★



授業中にこんなブログ見ないで(笑)!
なるほど、
そうですよね、図書館って売るために本を置いてるわけじゃないですよね。
だからこそ、いい意味で、売れない本とかも置いてあるから、
そーいうのって貴重だと思いますね、うん。
これはいい意見いただきました、ありがとうございます。
なんか申し訳ないです、逆に。こんなネタにしてしまって。

>結構おもしろかった

結構て!そこはお世辞でいいから、「めっちゃおもしろかったですー」的なアレしてー(笑)!!
でもリアルなので、ありがとう。
結構うれしかったです。

もうね、お言葉に甘えて貼らせて頂きました!
ありがありがとうございます、
また色々あったりしてお互いブログ更新できなるやも知れないけど、
とりあえず、行けるとこまで頑張りましょう!!
改めてこれからもヨロシクね!

おコメン㌧を投げつける

 
スミタカストーンにだけ伝えたい
 

寅ック Back

TB URL

Home

ぷろぴーぷー

すみとん

Author:すみとん
頑張って生きてます。
■28歳になっちゃった
■正式名称はスミタカストーンっていうんだ
■うぇッ!・・・あっゲップしちゃった。
■埼玉県在住、人生迷走中
■「スミ㌧」とか「すみさん」って呼ばれてるよ。
■リンク・コメントはご勝手に!
■。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビォエェェェェェン!!
■思ってるよりも悪いヤツだよ。多分。






ったいさんの形見のバナー!

人気ブログランキング

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクさん

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。