いのなかとらさん

もう1年ちょっとで三十路の人がふとあの頃を思い出して復活したブログ



■チョロQは前に進むために、一回バックするんだってよ■


←ウィキ風呂というお風呂が昔ありました。


--年--月--日(--)      スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








2008年06月08日(Sun)      ■昔のねた■

【ものまね】


まぁ皆さんもすでにご承知のとおり僕もものまね芸人やらせてもらってるからには、
やっぱり売れていかなあきまへんと、思っているわけでして。

代表作である、「サボテンのものまね」が、
今、港でちょっとしたムーブメントを巻き起こしつつあるわけですが、
やっぱりそれでもまだ、売れかけつつあるとしか言えません。

皆さんご存知のとおり、
お笑い芸人よりもものまね芸人の方が売れることは難しいです。
何故ならば、ものまね芸とは真似をされるものがいて成り立つもので、
なおかつ他の人とかぶらないような、それでいて「その人を選ぶとは!」
みたいな初期インパクトもなきゃいけない。もちろん、似てるって事は大前提で。
そして、ものまね芸は需要が限られてるからね。
お笑い芸人は、笑いの舞台以外にも色んな場所で需要はあるけれど、
ものまね芸人はものまね番組、ものまねコーナーぐらいでしか需要がないのです。

険しき門なのです。でも何とかして売れたい。
売れたいんやで。ワシ、売れたいんや!

いち、ものまね芸人として。









ものまね芸人の中には、ものまねという域を超えたものまね芸を披露してきた、
偉大な先駆者たちがいます。

人は彼らを、ものまね四天王と呼びます。

彼らがものまね界の基盤を作ったといっても過言ではありません。
僕は憧れているんだ、このものまね界に道を作った彼らを。
ものまねを一つの文化・芸術の域にまで築いていった彼らを。




●ものまね四天王

コロッケ

ただのものまねではない、深く洗練された芸をするミスターものまね。

コロッケ

■主なレパートリー
北島三郎
千昌夫
野口五郎
五木ひろし
美川憲一
淡谷のり子
岩崎宏美
ちあきなおみ
森進一
西城秀樹
志村けん
島倉千代子
武田鉄矢



清水アキラ

セロハンテープ芸といえばこの人。この人以外にいない。

清水アキラ

■主なレパートリー
谷村新司
研ナオコ
坂田利夫
村田英雄
林家三平
五木ひろし
堀内孝雄
橋幸夫
淡谷のり子



栗田貫一

ルパンのモノマネをしてたらほんとにルパンの声優になっちゃった人。

クリカン


■主なレパートリー
ルパン
田村正和
瀬川瑛子
桑田佳祐
郷ひろみ
みのもんた
細川たかし
美川憲一
八代亜紀
長渕剛


ビジーフォー

洋楽ばっかり歌う、全然知らない曲なんだけどいつも「うまい」と思わされちゃう。

ハッチポッチステーション友蔵

■主なレパートリー
サイモン&ガーファンクル
アース・ウィンド&ファイアー


その他たくさん、主に洋楽




やっぱりこの4組は別格ですよね。
コーラで云えばコカ・コーラみたいな別格さがあります。

彼らがそこに現れたことで、ものまね界はきらめき始めました。
彼らがそこにい続けたことで、ものまね界は輝き続けました。
僕がこの業界を志すようになったのも彼らがいたからです。
ブラウン管の前で大きな声で笑わせてもらったからです。

そしていつからか、僕の胸にはありました。

「僕もいつか皆さんをものまねで笑わせてみたい」

そんな気持ちが。




残念ではありますが、
その後、悲しいことにものまね四天王は散り散りになって行きます。
やがてコロッケ神がフジテレビから日テレに移動して、袂を分かち、
清水アキラ、クリカン、グッチ祐三、モト冬樹、この4人で四天王と呼ばれる時代もありました。
ものまねは更なる高みを求めて、飛躍を遂げようとしていたのだと思います。
けれど、どこかがものたりない。何かがパッとしない。全員が揃わないと物足りない。
もちろんネタのレパートリーも限りはありますが、軸の変わらないモノマネへの飽きもあり、
それに呼応するように、ものまね界自体も、徐々に勢いを失いつつありました。

子供心に、僕のものまねスピリッツは、74から32まで減ってしまいました。
ものまねへの情熱は89から41まで減ってしまいました。
体重は49から68まで増えていきました。




そしてそんなものまね界にもやもやとかかり出した霧を払拭せんがために、
この大きな時代のうねりの中で半ば救世主的に現れた人たちこそが、

新ものまね四天王です。

これは正式にはこんな名前は付いていません。
けど誰が呼んだわけではないけれど、ものまねファンならば一度は口にしたはずの言葉。

新ものまね四天王。

多くの人が、今それについて真摯に考えたとして、
多分たくさんの名前が挙がってくるのだと思います。
イジリー岡田の名前を挙げる人もいるでしょう。ツートン青木をチョイスする人もいるでしょう。
いや長州小力だ、いや春一番じゃないか、なんていう人もいるかもしれません。
まねだ聖子を神と崇める人もいるでしょう。

僕も一生懸命考えました。そして今回、四天王を選びました。
いちモノマネ芸人として僕が、新四天王と呼べるにふさわしい4人を選びました。
松村邦弘とぐっさんもいれたかったけど、この2人は単独神でしょう。
僕の中で色々考えて、新ものまね四天王にくくるとしたらこれがベストだと思います。

彼らの大きな功績は、
これまでどちらかというと「歌手」に焦点が当たり気味だったモノマネ界に、
それだけじゃない一筋の鉄槌をぶち込んできた事にあるのだと思うのです。




●新モノマネ四天王

原口あきまさ

明石屋さんまのモノマネで一躍スターに。その実力は言うまでもない。

あきまさ

■主なレパートリー
明石屋さんま
石橋貴明
木梨憲武
加藤浩次
矢部浩之
ココリコ田中
田村淳
柳葉敏郎
久本雅美
柳沢慎吾
稲川淳二
ビビる大木
今田耕司
小堺一機
江頭2:50
蝶野正洋
ケンドーコバヤシ などなど





ホリ

卓越した観察眼でポップな人選を心地よく表現する誰もが納得のものまね王子。

ホリ

■主なレパートリー
テリー伊藤
木村拓哉
城島茂
えなりかずき
武田鉄也
ユースケ・サンタマリア
寺門ジモン
薬丸裕英
内村光良
出川哲朗
ウド鈴木
太田光
田中裕二
大竹一樹
山崎邦正
はなわ
東野幸治
堀内健 などなど



神奈月

長嶋監督のイメージを払拭してから、大ブレイク。今や中心人物。

武藤

■主なレパートリー
長嶋茂雄
萩原流行
武藤敬司
長州力
石原良純
竹原慎二
新庄剛
井上陽水
渡辺謙
細木数子
フレディーマーキュリー などなど




コージー冨田

重箱の隅を突くものまねのスペシャリスト。タモさんからは嫌われている。

富田コウジ

■主なレパートリー
タモリ
ビートたけし
笑福亭鶴瓶
阿藤快
島田紳助
石橋貴明
桂歌丸
コロッケ
板東英二
伊東四朗
松村邦洋
大橋巨泉
鈴木雅之
桑田佳祐
オール巨人
サンプラザ中野
陣内孝則
関根勤
武田鉄矢 などなど




やっぱこの4人が新ものまね四天王と呼ぶにふさわしいと思います。

もちろん異論はあるでしょうけどね。まねだ聖子は入れたほうがいいみたいな意見も。
ただこの4人は知名度的にも、実力的にも申し分ないでしょう。
どの方も大きな柱のネタがありながらも、それだけではない才能。
同じものまね芸人といたしまして、尊敬すべきとこがたくさんありますよ。
彼らがまたものまね界を一つ上の領域まで高めてくれたのだと思います。

多分今の子供達は、「ものまね芸人といえば?」という質問に対して、
この4人の中の誰かを挙げるでしょう。

・・・・・・・、





「いや、違う!
ものまねといえば、今はあいつだ!」






と思われる方もいらっしゃる事でしょう。あの人でしょう?
そうです、実は今ものまね界は第三の飛翔の時期にさしかかっているのです。

細かすぎるものまねをはじめとして、
ただ人の声のまねをするだけではなく、もっと一瞬一瞬、一点一点に焦点を当てた、
新たなるものまねスタイルがそこに降臨して、それにつられるように、
新たなるものまねニュージェネレーション達が各地で産声を上げ始めています。
僕もその中の一人なのだと思います。

今が大きな変革の時期。

ここにおいて、とび抜けて目立ってきた新たなるモノマネスト達がいます。

残念ながら、現段階ではニュージェネレーション四天王とは呼べません。
飛びぬけているのは、未だ目下、三人しかいないからです。






●新世代ものまね四天王

山本高広

織田裕二で超大ブレーク。かと思えばそれだけじゃない期待のホープ。

キター

■主なレパートリー
織田裕二
柳葉敏郎
北村総一朗
いかりや長介
ケイン・コスギ
浜田雅功
軽部真一
大塚範一
小沢一敬(スピードワゴン)



花香芳秋

まだ知名度はそんなにないが、これからいいネタ見つけられたらブレイクか?

ほっしゃん

■主なレパートリー
哀川翔
原田芳雄
天野ひろゆき
亀田興毅
ほっしゃん。 などなど




HEY!たくちゃん

アゴものまねは誰のものまねでもないオリジナルものまね。

ありがとやんしたー

■主なレパートリー
吉田照美
山寺宏一
マスオさん
佐野実
アゴものまね






個人的にこの三人は最近出てきた物まね芸人の中で突出しています。

ある意味では自分にとってのライバルですけど、
この3人は超えられないんじゃないかな。ムリッす。僕なんかにゃ。
それほどまでの実力のあるお三方で、ますますものまね界を、
楽しく愉快に、そして更なる高みへ導いてくれる事でしょう。

そして、この三人は鉄板としても、4人目、
つまり新世代四天王の最後の1人を狙ってくる多くの人たちがいるわけです。

最後になりましたが、
この4人目の枠を狙っている、入ったとして担っていける、
そんな人たちを今日は紹介して終わりたいと思います。














●期待の新人たち

スミタカストーン

ものまねレパートリーが5000を超える脅威の新人。

三角形のモノマネ

■主なレパートリー
三角形
置き忘れられて2,3日経った後の傘
サボテン
銅像
電柱
電柱のそばによくある黄色い斜めのヤツ
熊の置物
門松

ペットが死んで土に埋めるとき、土に刺す割り箸
立った状態のレッサーパンダの風太くん
スタンドマイク
つくし
ごぼう
肩甲骨
岩   などなど





イブラヒム・アブラヒム

己の力を確かめたくて小さな島国にやってきた、中東のものまね平和主義者。

satan.jpg

■主なレパートリー
ミスターサタン
ブロッコリー
カリフラワー
きのこの山





葉原アキ男

繊細な心とワイルドな体を併せ持つ、めがねの似合うイケメン。

お姫様のものまね

■主なレパートリー
お姫様のものまね
美少女戦士セーラームーンのものまね
女の人のものまね








スター性を持った人々が勢ぞろいですね。

この中から頭一つ抜け出すのはいったい誰なんでしょうか!!!?

今後のものまね界から


目が離せない!!




























最後の流れの笑い的なネタがやりたかっただけです。

そんなわけですでにお気づきでしょうが本日は、
「ものまね芸人を志している人のものまね」をしながらブログを書いてみました。
明日は、「1日ずっと寝る人のものまね」をしながら過ごそうと思っています。

みなさんは「毎日一生懸命生きる人のものまね」しながら日々を乗り越えていってください。
そしてこの記事をものまねして、たくさんの意味不明な記事を作ってください。

僕ら生まれつき皆ものまね芸人です。
よっぽどの器用じゃない限り、誰かの真似をしなければ生きてはいけません。
でも真似をしすぎても生きてはいけません。
だって自分と他人は別の舞台に立っているのですから、
取り巻く環境、包む空気はいつだって違うものなのです。
真似をしすぎず、意地を張りすぎず、

時に自分らしさを見つけて、みんながんばっていきてくんだな

                                   すみを
スポンサーサイト















≪ 【改名します】 | ↑ | 【勝手にイメージで似顔絵書いてみました】 ≫




コメン㌧もらっていいの?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おコメン㌧を投げつける

 
スミタカストーンにだけ伝えたい
 

寅ック Back

TB URL

Home

ぷろぴーぷー

すみとん

Author:すみとん
頑張って生きてます。
■28歳になっちゃった
■正式名称はスミタカストーンっていうんだ
■うぇッ!・・・あっゲップしちゃった。
■埼玉県在住、人生迷走中
■「スミ㌧」とか「すみさん」って呼ばれてるよ。
■リンク・コメントはご勝手に!
■。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビォエェェェェェン!!
■思ってるよりも悪いヤツだよ。多分。






ったいさんの形見のバナー!

人気ブログランキング

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクさん

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。