いのなかとらさん

もう1年ちょっとで三十路の人がふとあの頃を思い出して復活したブログ



■チョロQは前に進むために、一回バックするんだってよ■


←ウィキ風呂というお風呂が昔ありました。


--年--月--日(--)      スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








2008年08月11日(Mon)      ■昔のねた■

【タイミングがわからない】




タイミングって重要ですよね。

人生における大きな局面にも、はたまた毎日の生活の小さな一場面にも。
タイミングは必ず要求されて、その都度我々はそこに飛び出していくと。
タイミングを見計らわないと、これなかなか生きていくのは大変です。
ここぞのタイミングに飛び出せる人ほど、人生は謳歌できるはず。
逆にタイミングを掴めない人は、一生を損するといっても過言でない。

いやはや、タイミングを操れる人は羨ましい限りですな。
僕にはタイミング運というものがなさすぎる。




色んなタイミングがわかりません。
全くつかめません、どこでどうすべきなのかというそれを。

タイミングをつかむための試行錯誤も、常に裏目裏目に出ていきます。
たとえあらゆる可能性を持っていても、絶望的なタイミングの悪さ一つで、
その全てがあっけなく、簡単にふいになってしまうでしょう。もったいない。
タイミングを読むことさえ得意ならば!くそ!それさえ出来たら!
もしかしたら、伝説を残す事だって不可能ではないかもしれないのに!
きっとこれは僕の人生の終点まで、えんえんと付きまとっていくのでしょうね。
これは矯正のしようがないですよね。ほぼ運みたいなもんですから。

出来たらタイミングを掴む術を教えて欲しいものです。
タイミングの達人がいるならば弟子入りさせて欲しいです。

まぁ、ここでこの記事を持ってくるタイミング自体がもう絶望的に悪いので、
僕の叫びは誰の耳にも届かないでしょうけどね。

もうやだぁ!




■「ありがとうございます」のタイミング

その流れで突然テーマを出してくるこのタイミングもどうかと思いますけれど、
これ大学のゼミで実感したタイミングトークなんですが、
質問をして答えてくれた人への「ありがとうございます」のタイミングがわかりません。

どういうことかといいますと。
僕は大学のゼミでは、他の人の発表に対して滅多に質問をしません。
何故質問をしないかというと、恥ずかしいからです。
だから大学のゼミでは、「鉄仮面のスミ」と呼ばれていると思います。影で。
あるいは「ろう人形のスミ」と呼ばれてるかもしれません。影で。
それぐらい、他人の発表の時は喋りません。いるだけです、そこにいるだけです。

でもこの前も卒論のゼミがあったんですが、
そんときはちょっとはっちゃけて質問を2回もしてしまいました。
先生も「えっ、あの不動明王像のスミが!?」みたいな顔をしていたと思います。

確かに恥ずかしいから普段質問しないんですが、
実は僕には、質問をしないもうひとつの理由があって、
それこそが、タイミングなんです。
すなわち、質問に答えてくれたのに対しての「ありがとうございます」
のタイミングが全く、一切わからないのです。



先生「他に質問や意見あるひと?」

鉄仮面のスミ「あっ、じゃあ、はい!
えっと・・・・ここのプリントに書いてある・・・・は・・・・ということですか?」


発表者「はい、えーっとそれは・・・・
・・・・・・ということで・・・・・・・つまり・・・・・・・
・・・・・・・そんでもって・・・・・・・は・・・・・で・・・・です」





・・・・・・・・・

(ここだよな?ここ、だよな?よし・・・・・)

鉄仮面のスミ「・・・・あっ、わかりました、ありがとうございます


発表者「でもあの他にもこれに関して・・・・・」

(え~っ!!?ここじゃなかったの!?)





・・・・・・・・・・

発表者「・・・・・それで・・・・・・という・・・・・です!」




・・・・・・・・・・

(よし、ここだよな?今度こそここだよな?よし・・・・・)
鉄仮面のスミ「・・・・あっ、わかりました、ありがとうございます!」


それに加えてなんですが・・・」

(え~っ!!?うそ~ん!?)






・・・・・・・・・・・

「・・・が・・・・で・・・・です!」


・・・・・・・・・・


(ここじゃないな、多分。少し待ってみるか。)


・・・・・



・・・・





し~ん




・・・・




(いや、ここかい!!)

「ありがとうございました」(超小声で)







みたいな感じになってしまうんですよ。

それがめちゃくちゃ嫌なので普段質問しないんです。
その「ありがとうございました」のタイミングがわからないせいで、
凄い恥ずかしい感じになっちゃうのが嫌だから。

もうやだぁ!




■稲川淳二を貼るタイミング

m93-0356-080317.jpg

ここで合ってますかね。うん、違うよね。ほら。

もうやだぁ!




■電車に乗るタイミング

「ヤバイ!電車が発車してしまう!」

急いで走り出す僕。その必死の表情はまるで鉄仮面。
そして電車に乗りこもうとするその瞬間に、プシューって閉まり出すドア。
その結果、乗るという単純な行為に失敗してしまう一人の青年がそこに。
閉まったドアのガラス越しから、電車の中の皆が僕に視線を集めている。

「ぷぷっ、なにやってんのあの人!バッカじゃ~ん、ぷぷっぷぷぷっ」

そして僕だけを置き去りにして、ゆっくりと電車は次の駅へと走り出す。
本当にゆっくりと。

すぐ加速してはやく行ってしまえばいいのに。
謎の余韻がそこには発生して、そのゆっくりの時間が更に僕に視線を集める。
「あの人、あんな顔で走って乗ろうとして乗れなかったのね、うぷ、うぷぷ。」
なんて哀れみと嘲笑の思いを、ガラス越しに目があった女の人から受け取った。
そんな「走ってきて電車に乗ろうとした瞬間にドアが閉まって乗れなかった」事件。

僕はこの3ヶ月で3回もそんな経験をしました。

普通の人は一生のうち何度そのハプニングに出会うのでしょうか。
そんな辱めを受けるのでしょうか?
あまりにタイミングの悪すぎる僕は1か月ペースでそんな事件に遭遇。

本当にもう辛くてたまんないっす。

ekinohomehome.gif
毎回、速攻で売店の裏に逃げ込むからね。見えないとこに逃げる。
あまりに恥ずかしすぎてやってらんないもん、逃げないと。
電車に乗ってる人から見えないとこに、速攻でいくよね。

その時のスピードは多分、金メダル級だよね。

もうやだぁ!






■オフ会の登場のタイミング

故に絶対僕はオフ会とか行きません。

何故かというと当然、タイミングがわからないから。

特に、登場のタイミングね。

どういうことかと言うと、
自分がオフ会に参加すると想像してみてください。

待ち合わせ場所がどっかに指定されますね。
ここではじゃあ、メジャーなとこで、電車から降りて改札抜けたとこにある柱の前、
あたりに設定しましょう。

ここに現れるタイミングがまったくわからない。

どのタイミングでこの集合場所に現れるべきなのか。
当たり前だけど一番は、まず嫌です。
「気合はいってんじゃん!」みたいに思われるのも嫌だし、
僕が一番最初に来たことで、次に来た人が「まだ誰も来てないな~」みたいに思って、
気づかずにちょっと距離を置いたとこで待ちだして、いきなり溝ができるみたいなのもいやだし。

最後に行くのも嫌だよね。
「スミとんさんがまだ来てない」とか言って、勝手に注目されてしまって、
「スミとんさん遅いなー」「でもどんな人なんだろ?」みたいにちょっとなって、
いざ「あのーオフ会のですかー?」みたいに出現したら、
「こいつがスミとんかよー!はぁ~ぁ!つまんねぇの!」みたいに思われたら嫌だし。

じゃあどのタイミングで現れるべきよ!!
全くわからないわ!!

出来たら前半はいやだね。
待つ側になって、既に来てるオフ会の仲間と話して間を繋げなきゃいけない。
うまく話が盛り上がったら、それは最高の形だけど、
話があんまり盛り上がらなかったら、最悪の間が生まれ、微妙な雰囲気になり、
終わりまで、その第一印象的なものは影を僕らのあいだに落とすわけでしょ。

そんなの絶対ムリ!!

僕の理想としては、

たくさん集まってまだ来てないのが僕と誰かの2人。
で、僕が改札抜けた時に、ふと横見たら、その人もちょうど来たばっかし。
で軽く挨拶して「急ぎましょう!」みたいなやり取りして、で、

「どーもー!」みたいに現れる。
そしたらすぐ「じゃあ早速居酒屋行きますか」みたいな流れになるでしょう!

このタイミングがベスト!オフ会行くとしたらこのタイミング!
でも絶対この絶妙の「あんまり注目されずなんとなく現れれる」タイミングに、
僕はめぐり合えないでしょう!

多分すっごい中途半端なときにみんなの前に姿を現して、
で、挨拶するもそんなに盛り上がらず、
他の人を持つ間、軽く会話するも、そんなに盛り上がらず、
微妙な空気になり、謎の間が発生し、
待ってた人たちがやっと来て挨拶してきても、
「えっ、誰この人?」みたいに思われ、

「じゃあ行きましょう!」ってなったときに、

「ごめん!ちょっとトイレ行ってくるから先行ってて!」て行って帰宅する。

そうなりますよ、絶対。

もうやだぁ!もうやだよぉ!




■稲川淳二を貼るタイミング

m93-0356-080317.jpg

ここではないですよね?ほらね。もういやだ!





■この記事の終わりのタイミング

全くわからないです。

いつどこで終わればいいのかわからないです。

ここで終わるのがベストタイミングですかね。



















ここかな。





























ここだな。

ここで終わります。

ここじゃないよね、きっとね、うん。もうやだぁ!
スポンサーサイト















≪ 【グッと来る神歌詞集 part1】 | ↑ | 【道路標識の怖い話】 ≫




コメン㌧もらっていいの?

オレはgeroを吐くタイミングがわかりません。
まだ飲めるか、いやここらで吐きに行くべきか…
そのへんのタイミングがわかりません。
もうやだぁ!

こっちは田舎なので、
電車が閉まった瞬間に到着したら、
車掌さんが開けてくれたりします。
田舎だから^^

稲川淳二を貼るタイミングは、
前回の記事のが正解だと思う^^

電車と売店絵のある説明画がいいですね!
ぐらぐらっとした矢印 そうそう、そんな感じ!って思いました

もうやだぁ!

おコメン㌧を投げつける

 
スミタカストーンにだけ伝えたい
 

寅ック Back

TB URL

Home

ぷろぴーぷー

すみとん

Author:すみとん
頑張って生きてます。
■28歳になっちゃった
■正式名称はスミタカストーンっていうんだ
■うぇッ!・・・あっゲップしちゃった。
■埼玉県在住、人生迷走中
■「スミ㌧」とか「すみさん」って呼ばれてるよ。
■リンク・コメントはご勝手に!
■。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビォエェェェェェン!!
■思ってるよりも悪いヤツだよ。多分。






ったいさんの形見のバナー!

人気ブログランキング

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクさん

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。