いのなかとらさん

もう1年ちょっとで三十路の人がふとあの頃を思い出して復活したブログ



■チョロQは前に進むために、一回バックするんだってよ■


←ウィキ風呂というお風呂が昔ありました。


--年--月--日(--)      スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








2007年12月01日(Sat)      ■昔のまじめ■

【恋の第6感】




「恋の第6感」ってあるのかな?







だとしたら、今、僕が胸に抱いているこの感覚は、
いわゆる恋の第6感、っていうヤツなんじゃないのかなって。

思うんだよね。

強く、強く思うんだよね。








いきなり何を言ってるのかと、びっくりしたかもしれないね。

でもこんなこというのには理由があって。
その理由のおかげでずっと揺れてる、この僕の気持ちがあって。


というのもね、これを見て欲しい。





NEC_0430.jpg




まぁ、見たらわかると思うんだけれども、ディズニーランドのお土産なんだけどもね。

といっても、僕がディズニーランドへ行って、わざわざ自分で買ってきた訳じゃなく、
誰かに媚びを売るために渡すという訳でもなく、

ディズニーランドのお土産という形で、

友達から頂いたものなんだ。




中身は何かなと蓋を開けてみると、そこに入ってたのはチョコレート。

NEC_0429.jpg

しかもホワイトチョコレートですよ。










そもそも何でこんなものを貰ったのかと言いますとね。

ちょっと前に飲み会がありまして、
その場で、宴もたけなわになった頃のこと、
何気ない会話の中でその子が、
「明日友達とディズニーランド行くんだ~」だなんて嬉しそうに言うもんだから、

こっちもなんか、普段だったらそんなこと言われたら、「あら!」の一言だけども、
お酒の席というのもあり、その場のノリみたいな感じで、

「え~、じゃあ、お土産買ってきてよ!」って言ってみたんですよね。
新しい自分を見せようかな、なんて思って。
硬派で一途な僕が、
そんなことをノリで口ばしちゃったんです。
生まれ変わった自分を見せようかな、なんて思って。

そしたら、即座に「やだよ!」って力強く否定されるかと思ったら、
なんと、驚いた事に、

「あっ、いいよ!何欲しい?」って、向こうが屈託のない笑顔で言ってきまして。
ほのかに酔っ払ってて顔も少しばかり赤くなった、
その顔が少しばかりSEXYで。ちょっとドキッとして。

(おっ、こやつ、ノリいいじゃないのよ!)なんて思いながら、
そこからはもう、なんか㌧㌧拍子で話が弾んで。
弾んで、弾んで。
気がついたら会話と一緒に心までも弾んで。
そっからはもう、流れるような掛け合いで。

「えっ、ほんとに!?いいの!?」

「うん、全然いいよ!何欲しい!?」

「えっマジか!?・・・・・・そうだなぁ、それじゃあ、
もう12月も近いし、ディズニーって冬限定のってなんかあるかな?」

「あるよ!ディズニーはクリスマスになると、冬バージョンに色を変えるし。
お店にも、冬ならではのいっぱい売ってると思う!」

「あっほんとに!?じゃあ、それお願い(笑)」

みたいに1盛り上がりありまして。

うん。
どうでもいーことで盛り上がる、そんなその場のノリってあるじゃない?
あるじゃないですか?嘘であっても、ノリで盛り上がる、みたいなさ。

しかもお酒が入ってる席だし。なおさらあるよね。
そんなこと本気で言ってるわけないじゃないですか。

だからもちろんその場限りのネタとして、そこで終わるものだよね。
そーいうのって、後日を期待しないものとして、
暗黙の了解的に、なかったこととして記憶からも消えるもんじゃない?

それでこそのそんなノリじゃんね。






で、もちろん僕も期待なんかするわけがない。

というかそんなお酒の席の酔っ払い同士の会話なんてものは、
記憶にはすっかりもうなかった。
向こうだってそうだと思ってた、というかそれすら考えもしなかった。

でそれから一週間経ちまして。

先日、29日の木曜日に、
一週間ぶりにその子と同じ授業で会いまして。

「おっ!」「おいすー!」みたいな、あの日から久々の再会を果たして。
そんときに僕はすっかりあの場での「あのやりとり」を忘れていたんだけどもさ、
会ってしばらく話してたら、

向こうがいきなり「はい、これ」って言って、
バッグから出して渡してきたから、何かなと思ってみたら、そう、

NEC_0430.jpg

このディズニーのお土産を渡して来てくれたわけよ!












正直、最初びっくりしたもんね。

ぶっちゃけて言えば、ただのドッキリかと思ったもん。
ほんとは別の友達に「お土産買ってくる」って正式に約束してて、
その日に渡そうとしてもって来ていたんだと思った。
それをたまたまその日、あったときに持ってて、
で、久々に会って話してる中で、あのノリの約束を思い出して、

「はい、これ」って、

僕にくれるふりをした、と思ったよ。
普通にどう考えても、ドッキリにしか思えなかったんだ。
だってあんな約束を本気にするわけがないもん!向こうだって空気も読める人だし!

で僕も、「えっ、いやいや、いらないっすよー」だなんてやんわりと、
ドッキリだとばれてるから、そんなこと辞めてよみたいな感じで言ってたら、
いきなりその子の目が変ったんだよね。
なんか怒ってるような寂しいような切ないような目になって。

「じゃあ、いい!」

とか言ったと思うと、急にすごいギクシャクした雰囲気になりまして。
空気が完全に変りまして。
瞬時に察知しましたね、「いやこれドッキリじゃなくて、マジか!!?」

で、僕も急にびっくりして、焦っちゃいまして。
焦ってあたふたあたふたまたふたもたふたしまして。
「えっ!?・・・・えっ、えっ・・・、マジで・・・?!
これって、冗談じゃなくて、ほんとに・・・・?僕へのお土産・・・・・?!
・・・・・まッ、マジで!!?
・・・・・・えっ。嘘じゃなくて・・・・?マジなの・・・・?!」って恐る恐る聞くと・・・・・

「・・・・・うん。」

なんとこれ・・・・、マジだった!!

「あっ・・・!!えっ!!?
ま・・・、マジなの・・・・・・!!?

あ、ああ・・・・あ、ありがとう!!ありがと!」

とかみたいな雰囲気の中、とりあえずお礼だけはいっとこうと思って、
悲しそうな顔をなだめる意味も込めて、ありがとうありがとう連呼した。

そしたら、なんか笑顔になってくれた。

ふぅ~、よかった。





でもよくない。

正直、自分の中で、今に至るまでそんなこと一度もなかった。
人生の中での大きなハプニングの一つ、それも嬉しいハプニングにめぐり合って、
授業中は、先生の言ってること全然頭に入らなかった。

隣に座ってるその人の事を横目でチラチラしながら、

嬉しいというか、もどかしいというか、

ドキドキするというか。













で、パソコンの前で、今になっても
少し混乱しながらもブログを書いているわけだ。
あの日から数日経ったけど、まだ、この変な感覚は焼きついていて、離れない。

どうすればいいのかわからない。
自分が今、どうしたいのかもわからない。

一体どうなんだろう、一体全体なんなんだろう、これって。この感じって。
寝るときも、朝起きるときも、新聞読んでるときも、
男子バレーでジャニーズの平成生まれの人たちがバリバリカンペを見ながら、
「今日の僕の注目選手は、ムードメーカーの○○選手です!」とか言ってるときも、

一向に僕の頭の中から逃げ出していかない。
このモヤモヤとした、なんだかわからない、なんか変な気持ちは。



どうしてその場のノリの冗談交じりの約束を、忘れないで守ってくれたんんだろう?



ただ律儀だったのかな?
性格的に、約束を破るのは嫌いだったのかな?
逆に空気を読んで、ネタとして買ってきてくれたのかな?
もしかしたら僕以外のいろんな人に渡してただけなのかな?
でも、だとしたら、でも、どうして、でも、なんで、・・・・?
これって・・・、もしかして・・・いや、でも・・・・これは・・・?
うん・・・・いや、・・・・・うん・・・・いやちがう、でも・・・?

考えれば考えるだけ、僕はドツボにはまっていく。
頭はますますこんがらがって、胸の鼓動は加速度を増して早くなる。
あの日から何も手に付かない僕は、手持ち無沙汰でこうしてキーボードを打っている。

約束を忘れずに、僕にお土産を渡してくれたことの意味は?

最初に貰うのを断ったときの、悲しそうな顔、寂しげな瞳、
「ありがとう」と言ったそのあとで見せた、影のないあの笑顔の意味は?









いないと思うけどもさ、
もしこんなブログを見てる人の中で、恋という感覚に敏感な人とかいたらさ、
まぁこんなブログみてる人で胸キュンに敏感な人などいないとは思うけどもさ、
もしいたら、もし、

もしいたらでいいんで、少し協力して欲しい、
願わくば教えてほしいんだけどもさ、

これって向こうはどういう気持ちだったんだろう?

だって普通、そんな飲み会のその場のノリで笑いながら、
なにしろ向こうだって、空気だって読めるし、笑いもわかる方で、
あんな事本気にもしないだろうってのは、探らずともわかるし、
それが、そんな人が、
あの時ノリで約束した、あまりにもお決まり過ぎる冗談をね、

しっかり守ってくれて、
しかも、僕の出てるその授業で会ったのは、
僕が滅多にその授業に出ないこともあり、2回ほどしかないのに、

その授業に僕が出てるということを覚えててくれて、

たまたま天も味方になって、僕がたまたま授業出たそのときに、
こうして偶然なのか、

それとも必然なのかは知らないけど、

僕らは巡りあった。





汚い話だけど、
お土産の缶の中には見た感じ、チョコレートが20個ぐらいは入ってるんだけども、
値段も100円とかじゃなく、そこそこすると思うんだよね。
それを皆に配ってるとも思えないし。
僕とその人がそれぐらいのお土産をもらえるほどの仲でもないし、それまでは。

少なくとも、それまでは。

これからはもしかしたらだけども・・・・ってそれは、なんでもないや。







もしかしてその子さ、僕の事、少しは特別に思ってくれてるのかな?
って、

「恋の第6感」ってヤツがあるとしたら、それが僕の心臓をヒクヒクさせてる。
これってもしかするともしかして、もしかして、
何らかのアクションを、きっかけを、
この目新しさを感じないどうしようもない日常を打破するための大きな行動を、

もしかしたら向こうは、したんじゃないのかなって。

だとしたら、「恋の第6感」ってやつが耳元で囁いてる、
「それならば、それに今度はお前が行動でもって、応えてやる番じゃないのか」

って。

ほら、僕って恋とかそういう胸キュンに不器用じゃん?
だからそういうことってちょっとわからないんだけどもさ、
でもそんな僕でも、今回ばかりは、ちょっと鈍感ではいられないかもしれない。

お酒の席でノリで言ったことを、覚えててくれてて、
なおかつ僕と一緒の授業があると言うことも覚えてくれていて、
それで、その日に酒の席での冗談交じりの約束を守って、持ってきてくれた。

その場のノリで僕が放った言葉が、相手の記憶のどこかに居場所を見つけ、
何かの大きなきっかけとして、突き動かした。

しかも貰ったその中身はチョコレートだった。
ホワイトチョコレートと普通のチョコレートが半々だった。
チョコが僕だとしたら、向こうはホワイトチョコけで、
ホワイトといえば、ホワイトクリスマス。
聖なる夜に、2人でダンスをしようか、ってなわけで。

これってもしかして・・・・・・はじまりの合図が鳴ってます?
淡い恋物語のはじまりの合図が、今鳴りそうですかね?










その子の気持ちがわからない事にはどうしようもないけど、
恋はタイミングを逃せば御終いだと聞きます。









「恋の第6感」なるものがあるとすれば、
僕の中の非常にモヤモヤとしたこの気持ちをそれだと信じて、

全力でぶつかっていく必要があるかもしれません。

気がつけば12月、寒くなってきましたね。

体はいくら温かくとも、心まではこれどうも、決して温かくはありません。

いいんですかいいんですか?
この第6感を信じちゃってもいいんですか?

これから始まりそうな恋物語は、
どこにでもありそうなクリスマス前の恋人探し。

ただ普通の聖なる夜に向かう恋物語と
強いて違うところをあげるとすれば

僕にお土産を買ってきてくれたその子はバリバリの男子ってことかナー






























































































人気ブログランキング

すごく・・・・オチです・・・・。

アッー!
スポンサーサイト















≪ 【ワラゴンクエストⅡ 悪笑の神々】 | ↑ | 【美論でびろ~ん (新)】 ≫




コメン㌧もらっていいの?

ちっくしょー(・∀・)!!!!!!!!!!

なんだよー(・∀・)!!
スゲー、真面目にコメントしようとしちゃったじゃんかー(・∀・)!!

すみさん、いらないとか言ったら超切なくなるじゃんって。
せっかくすみさんを想って買ってきたのに、いらないとか冗談でもさぐりでも言われたら悲しくなるじゃんて。
お土産買ってくるのって、結構いろいろ考えてるのよ。
これはいらないかなとか、、冗談っぽく言ったけど本当に買ってったらひかれちゃうかなとか。
ダメだよ、すみさん。女心をわかってないんだからー!

って、わかるわけねーわ。相手男だもの。
でも、完全にだまされたー。
何かあると思って読み始めたはずなのに、途中から真剣に相談に乗ってる気分になってしまった。
くっそー。だましやがってー!

眠いから寝ようと思いつつ、つい井の中開いちゃってこれは読み逃げ出来ないなって思ってコメントしとうと思ったのに、ぐわぁぁぁ。
すっげーおもしろかったです。
ここ最近で1番笑ったわ。

あ、すみさん。
あたしへのクリスマスプレゼントはあの2コあるリラックマでイイよ(・∀・)オワビシテ-

俺もすっかり騙されたー!!
ちっきしょう!
久しぶりに騙されたよぉぉぉ!!
オチが・・・オチがそれかよ。
切ねぇ・・・なんか心が切なくなってきちゃったよ、おい!
すっげー羨ましいなとか思ったりもしちゃった
この気持ちをどうすればいいんだよ!

もうこれはプレゼント貰うしかないっすね。
何かください。PS3とかPSPとか就職できる権とか
ライブドア株とかねww

旦那…それは恋だぜ☆

もー、性別なんてどーだっていいじゃないか!
そのチョコの値段を知っている私だからこそ、断言したい。
相手は本気だぞ!!
誠意だ!
誠意でその気持ちに応えるんだ!!


………って、ニヤニヤしながらコメントしてる私がキーモーいーー(笑)

ひどいぷー!!
「はじまりの合図」のフレーズで小粋にコメントしようかと思ったのにっ!!

悔しいッッツ!!

兄さん、それは濃いですぜww
あ、間違えました恋ですぜww←しゅーこちゃんの真似

なんて、男の人だったんだね!
読んでてドキドキしちゃったよー(ノ´∀`*)
でもお土産ちゃんと買ってきてくれるってことは
少なくともすみちゃんには好意を持ってるってことだよね^^
その感情がどんな・・・たとえあんな感情にしても!(*´3`)ウフッ

スミ㌧…そんなの相手がどう思っているかじゃない、自分がどう思ってるかが大事なんだぜ?!

と、アニキぶってお答えしようと思っていたのに。

いや、まあ、それがいけないってことじゃないよ?!
スミさんの気持ち一つですよ。うん。

こんにちは!
現在いろんなブログ応援しています。
応援ポチッ!

おコメン㌧を投げつける

 
スミタカストーンにだけ伝えたい
 

寅ック Back

TB URL

Home

ぷろぴーぷー

すみとん

Author:すみとん
頑張って生きてます。
■28歳になっちゃった
■正式名称はスミタカストーンっていうんだ
■うぇッ!・・・あっゲップしちゃった。
■埼玉県在住、人生迷走中
■「スミ㌧」とか「すみさん」って呼ばれてるよ。
■リンク・コメントはご勝手に!
■。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビォエェェェェェン!!
■思ってるよりも悪いヤツだよ。多分。






ったいさんの形見のバナー!

人気ブログランキング

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクさん

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。