いのなかとらさん

もう1年ちょっとで三十路の人がふとあの頃を思い出して復活したブログ



■チョロQは前に進むために、一回バックするんだってよ■


←ウィキ風呂というお風呂が昔ありました。


--年--月--日(--)      スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








2007年10月31日(Wed)      ■昔のねた■

【そうそうそう】


ジグソー

SAW3を見た。
(以下ネタバレなし、安心していつも通り斜め読みしてください





そうそうそう

SAW(ソウ)3

斬新なトリックと壮絶な残酷描写で世界的に大ヒットしたシチュエーション・スリラーのシリーズ第3弾。謎の殺人鬼“ジグソウ”が仕掛ける新たなゲームが幕を開ける。シリーズの生みの親ジェームズ・ワンとリー・ワネルは原案と製作総指揮を担当。監督は「ソウ2」に引き続きダーレン・リン・バウズマン。
 (引用→


見ちゃいましたよ。事情があって100円でレンタルできるもんで。

見た率直な感想が、「まぁ見れるなァ」でした。
普通に途中で飽きて苦痛になることもなく、疲れることもなく、
気付けば時間が経ってたと言う感じで、映画としてそこそこおもしろかったですよ。
これから見る人のために映画の内容は言わないですけども
(何故ならば「ネタバレしたらつまらない映画」の最高峰だから)、
「ああ、そうですか。・・・あー、そうですか、そうでしたか!」
って感想を、最後見終わった後に、
内容的な面に関して抱いた、という事だけはお伝えしたく思います。
・・・・・・正直、オドロキは少なかった。
1,2と来ての3だから、そりゃ期待は高まるけど、
インパクトも必然と薄くなってくるから、続編ゆえに、新鮮さはなかったなァ。

これだけは見てない人、見た人、全ての人に言いたいのだけども、
とにかく、相当グロテスクなシーンが、かなーりありました。見た方、ありましたよね?
なんかこのソウっていう一連の映画の見所は、
そのゲーム的な内容とちょっとの心理的アレと、一つ上をいく絶対的な悪の存在と、
とびきりの結末、とかなのだと思うけど、
このソウ3はなんだか非常にグロテスクなところを大量に映像として持ってきて、
そこでもって、ぐいぐい押してくるような印象が強かったかな・・・と。
まぁ結末というか、最後にわかるオチみたいなのは悪くはなかったですけど。
・・・ただ、ちょっと読めたけどね。

でも悪くはなかった。
ただあまりにグロテスクな映像が多かったから、もう1度見ようとは思わない・・・かな。
内容さえわかりゃ、いいや、ってこんなこと言ったら怒られちゃうね。

お勧め度 ☆☆☆






















でもやっぱり僕は、

ソウ3よりもソウ2の方が好きだ。

そうそう

SAW(ソウ)2

低予算にもかかわらず、斬新なアイデアと巧みなストーリー展開が評判を呼び、世界的に大ヒットしたサスペンス・スリラーの続編。ある共通点をもとに出口のない家に監禁された者たちが、凶悪犯“ジグソウ”の仕掛けた凄惨な“ゲーム”の数々に翻弄され、逃げ場のない死の恐怖を体感していく。前作で監督・脚本を担当したジェームズ・ワンとリー・ワネルのコンビは製作総指揮に回り、新たに新鋭ダーレン・リン・バウズマンがメガフォンをとる。
 (引用→


これ1年半前に見たので、内容的には大筋と所々の印象的な場面しか覚えてないのが、
大変心苦しいのだけれども、語らせてもらいますとね。
普通の映画って、「一作目が好評だったから二作目」を作るわけですよ。
それはもうほとんどが、ファンのためと言いながら、興行収入を見込める的な、
それがとりあえず第一で優先的に考えられ、そっからお金を見据えながらアレするんですが。
で、えてして悲しいのが、大抵は一作目を超える二作目なんてのはほとんど存在しない。
前作を知っている人はやっぱりある程度映画館に足を運ぶ。
その時点でもう、お金を見込んでるあっち側からすれば勝ちなんですが、
お金はいつかなくなるけど、内容は一生消えないわけで。変らないわけで。
いつもそういった悲劇の二作目が、評判から続きを作るほどに、「駄作」の烙印を押され、
こんなことなら作ってくれないほうが良かった!みたいなことまで言われるわけです。
僕もね、ブログで好評だった記事に続編を作ったら、「調子にのんな!」
って言われないまでも、思われますからね。思われますからね。思われます、から・・・。
最近、CUBEとCUBE2っていう映画も見たんですけども、
2は、信じられないくらい信じられないほどに駄作ですよ。信じられないですよ。
1にあった映画を面白くさせる大事な要素、全てなくなってますからね。
でも仕方ない。
2ってそんなもんなんですよ。そういう星の元にあるんだよね。
そういう運命のもとにあるんです。いわゆる2世タレントみたいなもんです、
七光りで脚光を浴びるだけ、一部を除いて、あとはほとんどがこき下ろされるだけ。

このSAW2もまた、その一作目が好評だったから続編作ったパターンだと思われるんです。
七光りを全身に浴びながら、この世に生を受けた。
だけどね、これがまぁ、2世タレントの割りにはなかなか頑張ってたと思う。
だって、1を作った側からしても、2作るとして、それを超えるものを作らないといけない。
しかもまったくゼロからじゃなくて、その1という映画の延長上にSTORYなり、仕掛けなりを、
それはもう、大胆に、読者の想像を超えるほど用意しなきゃいけない。
しかもしかもあらかじめ3部作という風にして内容が構成されていたわけじゃないから、
2って言っても、そこからゼロから構築しなきゃいけない。それってほんとに難しいこと。
そんな状況の中で、SAW2は、1とも密接に関連していたし、それなりのインパクトもあった。
これはね、自分の中で、すごい事だなって思った。
だから僕は3よりも2の方がやっぱ、やっぱ好きなんだよね。
そういうとこを評価したい。
面白さでいえば、2と3は五分五分だけれどもさ。

内容面ではやはり言及しないけど、このソウシリーズの定番である、
衝撃の結末的なアレはやっぱりあったから安心したのを覚えてる。
これもまた面白かったよ、単純に。

ただ、一ついえば、
1は閉ざされた空間、限られた状況、参加するのは2人、という密室でのゲーム。
この作品は内容的に1と差別化を計りたかったんだと思うんだね。
それじゃなきゃ、また似たようなことになって、何も驚かすことがない。それゆえに、
1よりも参加する人数がとても多くて、1よりも行動範囲が物凄い広くなってる。
それでそれなりに、1と異なった面からソウらしさをアプローチしていって、
なんとか、1に勝るとも劣らないSTORYと結末を持たせる事ができたと思うのだけど、
個人的にはその、大人数と部屋の多さ、
これがちょっと、1にあったものをなくしてしまった最大の原因となってるような気がする。
緊張感というか、「どう打破すんだよこれ・・・」的な感じが薄れちゃったね。

とはいえ、おもしろいと思うよ、これ。

お勧め度 ☆☆☆☆



























でもやっぱり僕は、

ソウ2よりもソウ1の方が好きだ。

そう

SAW(ソウ)

オーストラリアの新鋭ジェームズ・ワンとリー・ワネルのコンビが撮り上げ、2004年のサンダンス映画祭で大きな話題を集めたサスペンス・ホラー。理由も分からぬまま限界を超えた状況設定の中に放り込まれた2人の男が追い詰められていく様と、それを背後で操る犯人の動機をめぐる謎をゲーム的要素を織り込みショッキングに描く。
 (引用→


これはもう、とにかく何の前知識もなく見て欲しい。
それに尽きる。
初見だったら絶対おもしろいと思う。ひねくれてなければ。
微妙な映画知ったかぶりを発揮する事さえなければ、あなたが。

僕もこれ見たのは何の前知識もない状態、一年半前の事ですよ。
純粋に、「おもしろかった」。単純に、見てよかった。
内容とか細部とかどうでもいいんだ、とにかく最後「おもしろかった」と言えればいい、
映画評論家でもないですからね僕たちは。
最後に残るのは「楽しかったか」「楽しくなかったか」ですから、映画なんて。所詮は。
わからないものを無理に、「ここに込められたメッセージは良かったよ」だなんて、
理解しようとしなくていいんです。設定に、「なんであそこでアレをそうしなかったの?」
だなんてすぐに疑問を抱いたりする人は、映画なんて楽しめないと思うんだね。僕は。
「大日本人」はつまらなかった、と言えるしね、僕は。ぶっちゃけ金返して欲しい。

そのダイジョーブ博士もびっくりの映画理論で言えば、
これはそういった観点からすると、普通に楽しめる映画じゃないのかなぁ?
ソウは普通に見たら、普通におもしろい映画、だと思うよ。うん。きっとね。
まぁ感性は人それぞれだから純粋につまらない人もいるだろうけど。
でも僕は好きでしたね。
もう一回見たいもん。

個人的には、本当に何にも「ソウ」という名前すらも知らない状態で、
ぶらっと入った映画館で見ていたとしたら、物凄い興奮したろうな、って思う。
最後、「うわあああああああああああああああああ!!」
って映画館で叫んでたろうな。人目も憚らずに大声で。
それで興奮してドキドキが止まらなくて、ブログに絶対書いてたよ、そのこと。ぜってー。

ああ、映画館で見たかった!当時に戻らないかな?
また人生損してる・・・・・・・・・・ゲィムオゥバー!!

見てない人は一度見るべき。
ソウはなんだかんだ言っても、1が一番だよ。

お勧め度 ☆☆☆☆☆



















でもやっぱり僕は、

ソウよりもゾウの方が好きだ。

ぞう

ZOW(ゾウ)

ゾウ(象)とは哺乳綱ゾウ目(長鼻目)に属する動物の総称である。陸棲哺乳類では最大の大きさを誇る。
 (引用→


ほんとね、見てるだけですごいじゃないですか。
鼻の長さとか、耳の大きさとか、体のでかさとか、もうすごいじゃないですか。
あと、体の大きさとかね、鼻のロングさとか・・・・
・・・あと、耳のビッグさとかね・・・・・あと鼻とか耳とか・・・・あと、鼻とか。

あと、鼻とか。

・・・・・・・・耳とか。

うん、うんうん、そうだよね。だよねー。・・・・そうだよねー。
だよねー・・・・・・・・、うん、そだねー。・・・・・

・・・・・・・・・、

・・・・・・・・・・・・・・・鼻とか。

・・・・・・・・・・・、









・・・・・・ダジャレしかないじゃろがい!!

ダジャレでいくしかないじゃないですか、そーいう笑いの取り方しか!!
ふざけないでよ!
ここまで来たら、脱ぐかダジャレか、みたいなアレでしょ?
ただの映画の記事に、笑いを見出す事なんて出来ないもん。
そりゃ、ソウをゾウにスライドさせるという笑いしか出来ないじゃないですか!!

それしか出来ないじゃないですか!!

こっちだって一生懸命考えましたよ!!
どうやったらこのただの映画紹介記事に笑いを絡ませる事ができるかってさぁ!!
そうして一生懸命考えて、バイトしてるときも考えて、
大学のゼミで発表してる時も考えて、

それで出てきた答えが、ゾウじゃないですかぁ!!!

なんだよ、人をそんな目で見るなよ!!
人を玉ねぎ見るみたいな目で見るなよ!!しょうがないだろ!
ソウとゾウのダジャレ、おもしろいだろが!!笑えよ、ほら!
ほら、笑えってば、笑えよ!!おもしろいだろが!!

ダジャレ舐めんなよ!

ダジャレを言うのは誰じゃ?アタシだよ!
で、このあとに、郷ひろみを持ってきて、
「でもやっぱり僕は、ゾウよりもゴウの方が好きだ」
みたいにやると・・・・ふむふむ。そうお思いなさってると・・・・?

ふざけんなよ!!

それはねぇよ!
こちとらそんなありきたりな事やるかってんだよ!!
舐めてもらっちゃあ、困りますってんだ!零落れちゃいないやい!!
俺のお笑いセンスを舐めて貰っちゃ困るわ、
誰が「でもやっぱり僕は、ゾウよりもゴウの方が好きだ」
っていうダジャレで記事を締めるか!!

そんなやつがいるならあってみたいわ!!
郷ヒロミオチなんて考えられへんわ!
そんな笑いの形認められへんわ!!

だれがするか~いっ!!

誰がそんな郷(ゴウ)ヒロミオチなんて、するか~いっ!!

ふざけんな!!

ふざけんなよ!!

誰がそんなオチするか~いっ!!




















































でもやっぱり僕は、

ゾウよりもゴウの方が好きだ。

GO

GO(ゴウ) ひろみ

眉毛が濃い。

お勧め度 ☆



人気ブログランキング
スポンサーサイト















≪ 【不安の種】 | ↑ | 【愛煙家に告ぐ】 ≫




コメン㌧もらっていいの?

SAWは1と2観ました。3は多分観ない…。
2は僕としてはなかったですね。面白くなかった。
なんてゆーか二番煎じどころじゃなくって
グロイ=コワイというB級洋画ホラーの公式に
1とは打って変わってのっとってしまった感じ。
オチも「うん、そうだね」って感じで。
監督変わってたのに激しく納得した記憶があります。

でも1はよかったなあ。
僕は変に評論家気取りたくなるとこがあるんですが
あれは手放しに面白いと思いました。
おまけにひねくれものな僕ですが
ありそうでなかった展開とオチにびっくりでした。

大日本人の話は深読みした僕へのあてつけか
なんてことを思ったりしましたが
あくまでまっちゃんを理解しようと試みただけで
あれへの僕の評価は低かったことをお忘れなく♪

でもやっぱりZOWですかね。
あの優しそうな目がたまりません。
鼻はまぁアレだけど。やっぱ…目とか。
それと…うん、優しそうな…目とかね。

で、GOのオススメ度低ッ!
確かにあのウザさはオススメされたくないけれども
それでも低ッ!
スミ㌧がもう一度観ようと思わなかったSAW3より低ッ!

●もむすびさん

見ないという気持ちがあるなら見ないほうがいいです、絶対。
2が面白くなかったら、3も絶対面白くない(笑)
監督変ってたんだ・・・、へぇ~、知らんかったわ、どうりでww
もうホラー映画はグロが入り込んだら、グロに飲み込まれちゃうよね。
1のような奇抜な映画は、二度は作れないよ、うん。
あとはグロで何とか面目を保つ、みたいなことしか・・・ね。
しょうがないよね、やっぱ1が最強だった。
1を超えるような設定とオチみたいなのを持ってるようなオドロキの映画は、
この先生まれなさそうだな~。
ソウ4もやるみたいだけど、大概1が名作で、2とか3が駄作で、
その分4が少し盛り返す、みたいな事もあるかもしれないから、
DVD発売されたら、4は見ときたいなーとは思うよ。

いやいや、おむすびんさんの大日本人レビューも見たけど、
僕も自分でレビューして、「つまらない」という結論に達したまでの事です。
あれはつまらないです。笑いとしてもつまらないし、映画としてもつまらない。
政治的なメッセージも、ちょっと齧っただけの中学生みたいな感じだし、
エンディングは史上最低だし、
「俺、松本の笑いわかってる」みたいな人だけが、「おもしろい」と思ってりゃいんじゃないかな。
あんなもん。

ZOWには触れないで!
GOにも触れないで!!
今も昔と変わらず衰えを見せない、GOには触れないで!

おコメン㌧を投げつける

 
スミタカストーンにだけ伝えたい
 

寅ック Back

TB URL

Home

ぷろぴーぷー

すみとん

Author:すみとん
頑張って生きてます。
■28歳になっちゃった
■正式名称はスミタカストーンっていうんだ
■うぇッ!・・・あっゲップしちゃった。
■埼玉県在住、人生迷走中
■「スミ㌧」とか「すみさん」って呼ばれてるよ。
■リンク・コメントはご勝手に!
■。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビォエェェェェェン!!
■思ってるよりも悪いヤツだよ。多分。






ったいさんの形見のバナー!

人気ブログランキング

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクさん

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。