いのなかとらさん

もう1年ちょっとで三十路の人がふとあの頃を思い出して復活したブログ



■チョロQは前に進むために、一回バックするんだってよ■


←ウィキ風呂というお風呂が昔ありました。


--年--月--日(--)      スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








2007年10月15日(Mon)      ■昔のまじめ■

【我が道を行け】




いや、色んなね、圧力というかプレッシャーというか、
ありますよね、そりゃね。
なんというか、「急かさせる空気」みたいなね。

「ほら、お前が足踏みしてる間に、お隣のぼっちゃんは二歩先に進んでるぞ」
聞きたくもないそんな言葉にまた不安になって、目が覚めて、焦って、
その焦りを汚いガソリンに代えて、エンジンかけてその場から踏み出し急発進するも、
その汚いガソリンは濁っているから、すぐにまた前に進めなくなる。

止まる。

お隣の坊ちゃんの背中が目に入ったと思ったのに、また遠ざかる。
手を伸ばしても届かない。あれよという間にまた距離が出来て、
不安がたぎって、そうこうしてるうち、また焦りが生まれて、
その焦りでまた走り出しても、やっぱり汚いエンジンだからすぐに止まる。

止まる→焦る→急に走る→止まる→焦る→急に走る→止まる→・・・・

就職活動にしたってそうです。
他人の存在に踊らされて、準備もしていないのに走り出す。走り出さなきゃいけないような、
そんな環境にいつの間にか取り囲まれてる気がして、
何も、焦らず自分のペースで、自分なりに芯の通った納得できる向かい方で、導き方で、
気持ちを落ち着かせ就職活動に向けて持っていけばいいだけのものを、

他を意識し始めると、落ち着きがなくなる。
勝手に急かされて、不安になって、焦れば焦るほど先が見えない。まっくらだ。

きっと、そんなんじゃ、駄目なんだろうな。




「多くの学生が夏から就職活動をはじめてます!」
「去年の今頃になると、就職活動を決めた先輩達は30社近くエントリーしていました!」

ガイダンス行けば、やれ、色んな、そーいう、急かすような言葉が放たれるとなると、
それを聞いてる周りの就活生の反応を伺いながら、一層これまでよりも気も引き締まって、
「ああ、ついにこの時期が来たんだな」と、気合も入るものです。

壇上では、就職活動アドバイザーみたいな肩書きを持つ知らないおっさんが、
やれギョーカイだ、やれ他のサイトじゃなく日経ナビに登録してくださいとか、
他のサイトよりも日経ナビに是非登録してください、とかね、
色んな就職支援サイトあるけど、やっぱり私はおすすめしたいなぁ、日経ナビを、とかね、
色々言ってきて、入り口のところでは、いろんな冊子やチラシ、BOOKを渡されて、
あきらかにお金を貰ってそうな今年内定が決まったという設定の役の人が現れて、
「去年は周りがどーのこーの」「周りを見ると、自分の小ささがどーのこーの」とか、
うん、
またまた、慌てて押して欲しくもない背中を、急かすように押してくれる方々が言葉を並べて、

僕とかをね、すごい不安に陥れるのがお上手ですよね、いやはや。
いやはや、もう、ただただ、切なくなるばかりですよ。将来への不安から。

何個かの就職サイトに登録したら登録したで、
どのサイトも、それはそれなりに役立つ情報があるのはあるんですけど、
どこも同じように、「みんな就活を始めてますよ」的な煽りに素敵に飾られて、
「毎年この時期は~」だとか、
「みんなの活動状況はどうだろう?アンケート」みたいなのがあって、ますます華やかに。
余計な情報まで教えて欲しくもないのに教えてくれちゃったりなんかして。
あらあら、やってくれるじゃないですか。
それにもましてどのサイトも似たような感じで、サイトは構成され、
どう考えても、

僕とかを急かして居るとしか思えない内容に終始している。

就職活動と名を打っているからには、本格的に会社とかに訪れたりするのかな、
とか思ってたら、
ただ「自分自身を探求する」だとか、「企業を研究する」だとか、
そんなの別に就職活動とかいう大仰な名前付けるほどの事でもないんじゃね、
的な、そんな就職活動のくくりに入れるのもどうかと思うような事柄まで、ひっくるめて、
ますます、大きく盛り上げて、大きく、大げさに、盛り上がって参りまして、勝手に。
就職活動という、名前は、日々複雑になっていきますね。おじさんついてけにゃい。

なんか知らないけど、毎日、同じサイトから、代わり映えのない情報メールが来るしもう。
なんだい、なんなのかい、アレなのかい?

そんなに僕たちに頑張って欲しいと本当に思っているのかな?
え、ほんとに?ほんとに?
そちら方は、会社としてそういう就職支援のを立ち上げたばかりに、
趣味でボランティアでやってるわけじゃないからって、色々と力を入れてるようだけれど、

申し訳ナイ、
全くもって全てが焦りにしか繋がりませんわ。
他人の就職活動の進み具合とかチラつかされても、不安しか生まれないッス!
やっほ!
僕みたいな、カルピス小僧は。
やっほっほ!

急かされてる、としか思えないな、これは。でもほんとに。
準備は早いに越した事はないし、もちろん、助かる部分もたぶんにあるのだけれど、
この環境はなんなんだろう。
就職活動をとりまくこの環境は。

お前のペースなど知ったこっちゃにゃーというようなこの感じ、空気。全体を包む雰囲気。
自分以外の他人をチラつかされて、こちとら自分のペースで自分なりにやりたいのに、
それさえ時代遅れとでも言わんばかりの、この四方八方に広がる就職のあれこれ。

先日、就職活動カレンダーみたいなの見たんだけどさ、
この先の予定みたいなのが簡単に書き込まれてたけどさ、

それ、僕決めるから!
僕の未来の事、僕決めるから、勝手に決めないでくれるかな!
僕の明日は僕のものだから!僕の明後日も僕のものだから!ね!

そしてきっと、自分なりにやってりゃ、自分なりにきっと結果が出るはずなんだから、
だから出来たら、僕を不安にさせないで欲しいな、お願いだから!さ!








惑わされちゃ駄目だ、何者にも。

近頃本当に思う。
「周りの人がどうだ」とかいう言葉を聴いて不安になって、それは焦りを産む。
誰だってそうじゃないだろうか。

でもそんなのは所詮他人だもん。他人の話だもん。
気にしないのが可能だったら、そうしたいんだ。

思えば大学受験のときもそうだった。
色んな予備校のチラシがいっぱい送られてきて、高校では夏期講習とかで発奮させられて、
模試とか言って全国で何位とか決めて、学校で先生方、色んな話で話題を煽り、

その環境だ、やっぱり他人の事が気になって、
急かされて、不安になって。

僕は、浪人してたからなおさらですよ。
予備校なんかにもいかなかったし、なお、なおさらですよ。
他人の情報のない環境に身を投じたから、そこに情報がたまに入ってくると、
ちょっとしたことが、すぐ気になって、不安になる。焦りにつながる。

でもそれは逆に独学で家で勉強していたために、
そしてその頃は、とりわけパソコンも使えなく、ネットも軽く噛むぐらいだったから、
他人の目を気にせず、ただ自分のやり方で、自分なりに合った、自分らしいやり方で、
それなりに芯の通った納得できるやり方で、なんとか焦りを押さえてやってたら、

結局今こうして大学にも入れて、なんとか今日まで無事に生き延びてる。

焦らせてるのはやっぱりそういう他人だね。

他人の存在。

大学受験の時だって、勝手に、他人が他人をチラつかせつつ勝手に盛り上がって、
今思い返せば、
「なんだったんだアレは、あの盛り上がりは。あの他人は、あの人たちは。なんだった?」
今になって思って仕方ない。
だって、自分のやり方で落ち着いてやってたら、国立大学も入れた。

今日もまた全国の高校三年生たちは、そういう他人に他人をチラつかされて、
不安になって、焦って、他人を意識しながら、
勉強に励んでいるんだろうかな?もう10月、センターまで3ヶ月。
他人を明確に意識させられるのは、嫌な人には本当に嫌だよな。
どんどんどんどん焦りしか産まれないもの。

出来たら、ほんとに、自分なりに納得のいくやり方で、
他人を意識せずにやって欲しいと思うんだけど、君の居る環境じゃきっと、
それもままならないんだろうな。
そういう空気を作るのは、完全に大人たちで。
友達間で「勉強どうよ?」「いや、俺はやってるよ!」「やってない・・・」
これだったら、全然、焦りなんかよりも、
闘志だとか、「俺もがんばろ」っていう気持ちが生まれると思うんだけど、

まったく知らないけど、同年代で自分よりも上に居る人とかを持ち出されると、
これ、おもしろいぐらい焦りしか生まないって事に、
そういう環境を作り上げる大人たちは気づいてらっしゃるのでしょうか?

就職の今も、同じように、周りが勝手に環境を作り出し、他人を持ち出し、
落ち付かない僕はそれに焦りを感じ、今、貧乏ゆすりも止まらない。
「やらなきゃ、やらなきゃ!」気持ちは何かに勇んで向き合おうとしてるけど、
そんなんでいいのかな。

もっと自分のやり方で、自分のペースで、落ち着いて、惑わされないで、

我が道を行けばきっと、就職活動も何とかなるに違いないのにね。
だから惑わされるな、頑張れ、僕!







卒論へ向けて頑張ろうとして、いろんな文献を見る。

そこには、一つのテーマに対して、それぞれの研究者なりに様々な論が立ってる。
どれも決定的なものを持っては居ないけれど、それなりに説得力がある。
そしてきっと、そういった研究者達は、自分の説に、絶大な自信を持ってるはずだ。

僕は、そのいろんな説を文献で見る、するとどうだろう?
全ての説がそれぞれ正しいような気がして、
はっきりいって、そのなかのどれが正しいのかわからなくなる。
そしてどれを一体信じて、どれを信じないで行けばいいのかがわからなくなる。
どの説にも説得力があるのだが、
一番説得力のあるものを「これ!」と指差して選べばいいのかとなると、そうではないだろう。
論がたくさんあるだけ頭の混乱も多くなり、自分の考えもぶれる。
最終的に、全部がなんか曖昧な感じになって、自分の論はクソになる。

他人の説に惑わされず、
自分自身のやり方で、自分なりに考え、そして出てきた答えが、
自分にとって納得がいって、芯の通った、自信のある答えだったならば、
何も著名な研究者とは意見が食い違っていたとしても、

胸を張ってそれを自分の考えた結論として、提出してやればいいのではないか。

他人なんて知らん、我が道を行くのだ。
他人に惑わされるのではなく、何より大事なのは、自分の考えである。
自分のペースである。それが全てなんじゃないのかな、間違ってても。
自分で考え納得がいくものを得る、自分でそこまで導く事が何より大事なのではないか。

そう最近思い始めてる。





これは、ブログもそうではないでしょうか。

ブログとは、他人に影響を与えやすい、かつ、他人の影響を受けやすいものだ。
と勝手ながら思ってる。

ブログとは必ずしも文章力が全てではない。
もちろん文章力が秀でていて、それで、とても楽しく読めるブログがある。人気のね。
そんなブログに陶酔するあまり、その影響を多分に受けた文章になってしまい、
その結果、
ブログの本来の意味を忘れ、中途半端な感じになってるブログがあるかもしれない。
というかあるだろう。
そういった文章力に優れたブログが、
フォントをいじらなかったりするのはよく見られる傾向だが、
フォントをいじったらいじったで文が見やすくなるし、視覚的にも楽しめるし、
ブログには間も必要な時もある、行間を読ませるのが大事な時もある。
画像だって使えるのがブログだから使えばいいし、コメント欄で盛り上がるための、
仲良くはしゃぐツールとして、使うのも全然ありです。
それが出来るのがブログですから。それらが全部、ブログをブログたらしめてる、
それこそが、ブログですからね。それでこそ。それでこその。

それはそれで全然ブログの一つの形なんですから、否定する必要はない。
好き嫌いはもちろんあるだろうけどね、それは、それこそ、他人じゃなく他でもない、
自分が思ったようにすればいい。ほんとに。
好きなやつを楽しく見て、嫌いなものは見なきゃいい。
人付き合いと同じです。
荒らしってのは、嫌いな人に「嫌い」と告げるものでしょうか。
でも現実の人付き合いで、いくら嫌いでも、「お前嫌い」とは言いにくい。
だから、
好きな人と仲良くして、嫌いな人とは距離を置けばいい。それだけのことでしょう。

そして書く側は自分のやりたいものを、ブログ上で表現すればいい、そう思う。
そこに好き嫌いが生まれるのは当然だ。
だからこそ、その自分の好きなタイプのブログに陶酔するあまり、影響を受け、
それしか信じられなくなって、周りが見えなくて、
自分すらも見えなくなって、

あなたのブログがあなたらしいブログじゃなくなることもある。
僕のブログも他人に影響を受け、僕らしくなくなることもある。

本当に自分が書きたいものが、今書いてるそれなのか、
改めて考えてみると、時々僕なんかは、「はうあっ!」と気づかされる。

今日の記事もそうかな?
完全に他人の影響を受けて、書いてますよ。完全に。

我が道を行くとかいって、行ってなくて申し訳ナイ。





ブログとは、日記じゃない。ブログとは、ブログだ。

ブログとは本来、自分が楽しむものだ。

自分が楽しくなければ、あなたはブログをやるでしょうか?
果たして楽しくないものを、僕はやるのだろうか?

僕はブログが楽しいので、ブログをやっている。
それだけは間違いない。疑いようもない。
だって楽しくなかったら、辞めてるよ。トックの昔に。

反対にブログをやめる人は、ブログが楽しくないからやめるのか、
ていうと、そういうことではないと思う。
そこは多分、楽しくないだけじゃなくて、いろんな理由があるのだと思う。
人それぞれ去り際の気持ちは、違う。

だから、一度ブログをやめても、「ブログを楽しい」と知ってる人は、
ひょっこり戻ってきたりする。・・・・・僕とかね、てへへっ。
・・・・・・・あと、僕とかね、てへへっ。

他人のブログ、他人からのコメント、色々気になって仕方ないとは思うけど、
楽しくなかったら、やってられない。
自分のやり方で自分のブログを楽しむ、
それだけのことが出来たら、どれくらいいいだろうか。
時として、他人の影響で、自分のブログも自分のブログじゃなくなってしまうときがある。
自分も今一度、自分らしいブログ、
自分自身が何より純粋に楽しめるブログについて見つめなおしたいと思っていたりする。

君もでしょ、多分。・・・・・たぶん?

焦ることなく、我が道を行こう。

何するにせよ、他人の存在は嫌でも目に入ってくる。
それが自分に影響を少なからず、また知らないうちに影響を及ぼす事がある。
その影響がいい方に転ぶのなら、ありがたいに越した事はない。

でも悪い方に転ぶことも多い。
それに気づくならばすぐに自分を取り戻そう。
気づいていないならば、・・・・・・・・知らん。いつか、時が、それを解決してくれるかな。







笑いに関しても僕は影響を受けてきた。

ご存知のとおりこのネタブログ、笑いとは何かについて考えて、
様々なブログを巡っては、色んな笑いの形に出会い、そのたび胸が熱くなって、

自分のスタイルもどんどんと変化してきた。

他人の笑いに、自分のブログのつまらなさを感じ、
どうしようもない焦りが、中途半端にまたつまらない記事を産む。
そんなことも少なくない。
そして今現在、何が一体面白いのか、そして何が一体面白くないのか、
笑いとは一体なんなのか、
わからなくなっている、といった現状まで来てしまったようである。

でも良かった。それに今は気づいた。
自分を取り戻せる、まだ遅くはない。
何も他人を気にする事はないのだ、自分のやり方で、納得のいく、
自分なりに、自信のある形で、

笑いを提供したい。

自分が本当に面白いと思うものがわからないで、
他人のブログで面白かったものこそが面白いのかもしれないと、影響を受けて、
自分本来の、持ち前のとってもおもしろい笑いすら忘れて、それは色んな形に変化して、
本来持っていた僕のお笑いスタイルは、知らない形になってる。

全てをもう、無に返すときが来た。

何度でも言った、言ったじゃないか、この記事で。

他人はいくらだって僕を惑わしてくる。不安はますます大きくなる。
そして自分を見失い、焦りにもがいて、結局駄目になったら元も子もない。

自分が信じたおもしろいものを、
自分なりに納得の行く形で、芯の通った、心から楽しめる笑いの形を、
今日はなんだか思い出せたような、そんな気がした。

そうだ、大事なのはやっぱり自分だ、
惑わされる事なく、わが道を自分らしく歩いていく、そんな自分が大事なのだ。

僕らしい笑い。
僕が僕なりに21年間生きてきて、掴んだ笑い。
今日はそれを伝えて、皆さんに今日の記事を書いた意味に気づいてもらいたい。

今から伝えるのが、僕の、僕らしい、自分なりに納得のいく、笑いの形だ。
自分の自信のある笑いの形なんだ。

僕が僕らしくあるために、本当に伝えたかったもの。
迷いを断ち切って、今再び、自分らしく伝える事ができるかな?
不安だけれど、今日はそれを、ブログ開始当初のしがらみのない素直な気持ち、
それを思い出して、
今、再び届けたい。僕にしか出来ない、笑い。

これからもこんな感じで、僕はブログを書いていく。ありのままに、楽しく、
我が道を行くのだ、こんな風にして本当の笑いを伝えながら・・・・
これが僕が僕であるための笑い、もう誰にも惑わされないから、
自分が大好きで、みんなの心に響かせたい最高の、自分の持っているもの。

それを今日は最後に皆さんに届けたいと思います。
受け止めてくれるかな?やっと思い出した、僕のやりたかったこの笑い。

受け止めてやってください。
























































うんち~!

























おっきいうんち~!



人気ブログランキング
スポンサーサイト















≪ 【ワラゴンクエスト(新)】 | ↑ | 【サルでもわかるあの日のラジオ】 ≫




コメン㌧もらっていいの?

人に周りに惑わされないってほんと大事だよね。
読んでて私もそう思ったよ。
私がブログを休んだ理由は荒らしみたいな人のコメントで惑わされてしまったから・・・
でもブログ続けたいから戻ってきたよ^^
戻ってきたとき同じ人から「戻ってこなくていいのに」って
またコメントもらったけど嫌なら私のブログ見なければいいのになぁ。
なんて思っちゃったり(A*´∀`;)アハアハ
でももう、惑わされないよー(`・ω・´)シャキーン

と、余計なこと話しちゃったね。
周りに惑わされずに、ブログでもなんにでも自分らしさでやっていけるといいよね^^

就職のことは周りは周り、
すみちゃんはすみちゃんだから焦らず落ち着いてね☆


最後に・・・。
受け止めたよ(笑)
温かかったー(;゚;艸;゚;)ブッ

影響受けまくり自分を見失いそうになることたびたびです。
自分に自信がないので迷いに迷い倒しているのです。
>僕はブログが楽しいので、ブログをやっている。
うん。分かってるつもりだったのにすっかり見失っていました。
周囲と比べたからって急に文章力が身につくわけでなし。
だから今日も私はフォントをいじり、画像を多用する。

正しいかな?ということがたくさんあると、それはそれで迷ってしまうものですね。
そうやって迷ってしまったら自分を信じて道を決めるしかないものね…

スミさんが信じたスミさん自身を私は全力で受け止めたい。受け止め…うわあ!!

おコメン㌧を投げつける

 
スミタカストーンにだけ伝えたい
 

寅ック Back

TB URL

Home

ぷろぴーぷー

すみとん

Author:すみとん
頑張って生きてます。
■28歳になっちゃった
■正式名称はスミタカストーンっていうんだ
■うぇッ!・・・あっゲップしちゃった。
■埼玉県在住、人生迷走中
■「スミ㌧」とか「すみさん」って呼ばれてるよ。
■リンク・コメントはご勝手に!
■。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビォエェェェェェン!!
■思ってるよりも悪いヤツだよ。多分。






ったいさんの形見のバナー!

人気ブログランキング

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクさん

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。