いのなかとらさん

もう1年ちょっとで三十路の人がふとあの頃を思い出して復活したブログ



■チョロQは前に進むために、一回バックするんだってよ■


←ウィキ風呂というお風呂が昔ありました。


--年--月--日(--)      スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








2007年09月17日(Mon)      ■昔のねた■

【ありがとうなんて言えないよ】



感謝の気持ちはいつだって大事だろう。

感謝することで、人は優しく、嬉しくなれる。
もちろん感謝されたほうだって、自然と微笑みは溢れる。

和やかなムードの中で寄り添って、向かい合い、
互いに互いへ「ありがとう」と声をかけることが、

いかに素晴らしいか君は知っているか?知ってるだろう?



僕は、知らない。






他の誰に譲るでもない、しゃんとした太く強い芯を持っていて、
多少の動揺をいとも簡単に素顔の下に隠せるあなたでも、

他の誰かから与えられたその言葉一つに
悪意を感じてしまったなら、

きっと気分はよくないだろう。心持ちは、暗いとこへ沈み込んでしまう。

例えそれが心無い感謝であっても、

「ありがとう」のたった一言は、

そんな落ち込み倒れこんだ僕らを、ちょっぴり嬉しい気持ちに、
そして前を向かせてくれるほど心強いものに、させてくれる、はずだ。






僕らは日々感謝を忘れてはいけない。

特に誰様のみへの感謝とか、先の利益に目を向けての形だけの感謝とか、
決してそういうことではなくて、

いつもいつでもどんなことにでも、感謝の気持ちを常々抱いてたら、
日常に落ちているほんのちょっとの些細なことにだって、

恥ずかしがらずに「ありがとう」、

言えるんじゃないのでしょうか。







相手の悪いところなんて、探せばすぐに見つかるでしょう。
いや、もう、そんなのは、探そうと思わなくとも、

自然に見えてくるもんでしょう?

粗を探されて、気分の良い人なんていない。
嫌なこと言われて、気分が悪くならない人なんていない。

「君のメガネ、いっつもなんか、傾いてない?」
言った本人にとっては1に過ぎない、傷つけるつもりもなく何気なくいった言葉が、
言葉を受け取る立場からすれば、
1000という大きな刃で、心の傷をえぐってしまうことなどザラにある。

それだけで心持ちはどん底まで突き落とされる。

底のないどん底へと。永遠に。無限に。そして、やがて見えなくなる。







そんなときに言ってみる、「ありがとう。」

褒められていなくたって、満面の笑みを見せつけながら、言ってやる。
眉毛吊り上げながら、でも、耐えて、
握りこぶしをブルブル震わせながら、でも、耐えて、
歯を食いしばりながら、でも、笑って、言ってやるのだ。「ありがとう。」

すると、相手の口からも、きっと出てくる「ありがとう。」

感謝されて、心底嫌がる人なんていない。
感謝して、嫌な気持ちになる人もいない。
照れはあっても、悪いもんじゃないのだから、上がる。
どん底から気持ちを簡単に上昇させてやる事は、できる、でしょう。







だったら僕らは、相手がどんなに悪いやつであっても、

それが心の醜い悪魔であっても、人間の姿をした魔物であっても、
パソコンの前で鼻で笑うあなたでも、いつも上から目線のあんたでも、
処世術を身に付けた最も人間らしい人間であっても、

なんとか頑張って

いいところを見つけ出そう。

いいとこだけを探して、飛び切りの気持ちと、
そこに「ありがとう」と一言、乗せて、言葉を渡していこう。

そうすれば、言う方も言われる方も、
感謝された方もする方も、ありがたい方も、ありがたがられる方も、
不思議と暖かな、穏やかな、なんとも言えない決まりの悪いようで心地いい、

素敵な気持ちに成れるんじゃないでしょうか。








言の葉はきっと、風に舞って、宙を舞って
誰かの心に留まって、
感情に絡まって、

また「ありがとう」を生み出していく。

ありがとうが次のありがとうを産み、ありがとうを育て、
またありがとうを産む。
君のありがとうが、僕のありがとうを産み、
僕のありがとうが、またあなたのありがとうを創る。

ありがとうが繋がり、リンクしてやがて、
そばで息吹き、芽を出すは、不思議な縁。
そんな縁に、そしてそこから始まる絆に、またもや呟くの、

「ありがとう。」

その言葉は届くでしょう、あなたの心の奥深くへ、きっと、いや、必ず。








だから言おう、「ありがとう。」って。

口癖をそれにしてしまうぐらい、
巡りあった全ての人へ、その言葉をお届けしよう。

いかに、「ありがとう。」の一言が素晴らしいか、
ここまで読んできて、君には理解できたか?理解できただろう?
そのたった一言で、どれだけ人の心を温かくできるのか。
胸が熱くなっただろう?
だったら、言おう、
普段から感謝をしている、すぐそばの人へ、あるいは、どんな人にも、
伝えよう、感謝の気持ち、例え感謝してなくっても、抱こう、感謝の気持ち、

言おう、声を揃えて、言葉にして伝えよう。「ありがとう。」って。

言えるでしょう?
それがいかに素晴らしいかわかった君ならもう、言えるでしょう?
ねっ、言えるでしょう?ありがとう、って言えるでしょう?

言えるだろう、なっ?













・・・えっ、言えるの!!?





恥ずかしくて、

僕には、言えないけど。


















キャップ

出会ったのは上野のドンキホーテで、あれからもう1年半以上経つんだよね。
僕はもう、初めて見たときから、君に一目惚れで、
なけなしのお金を財布から出して、君を僕のそばに置く事に成功したんだ。

家には、他にもそこそこの数の帽子があるのだけれど、
気づいたらもう、今は、君しか身に付けてない日々が続く。
何するにせよ、君だ、バイト行くのも、学校行くのも、ちょっとアッチなソッチに行くのも、
全部君とともに、僕は行ってるんだなぁ。居心地がいいんだ、君が一番。

一体何が、1972年から起こっているのかは全くわからないけれど、
やっぱり僕には君しか居ないし、
一度、雨と強風の日、風に飛ばされて消えた君を、再び上野のドンキホーテまで行って、
もう1度、なけなしのお金で全く同じ2代目を買ったくらいだから、
今、君は2代目なんだなぁ。
やっぱ、やっぱり、絶対、僕には君しか居ないから、
この気持ち、ちゃんとした言葉に代えて、

君に伝えようと思うんだ。

あの・・・、ありが、あ、あり言えないよ(照)











デカヴィタ

バイトが終わったあと、帰り道で暗闇の中、懸命に光を発する自販機の中にいる、
そんなデカビタ兄さんをいつも、僕は120円も出して買ってしまう。

バイト終わりだからこそ、渇いた喉に、兄さんの炭酸と濃厚な味が染みる。
そして、ゴクリと一気に飲み干し、カァーッと夜の空に叫ぶ僕は、
あなたの存在にこれまでも何度歓喜した事だろう。

うまい、ほんとうにうまい、大好きだ。
バイト終わりのデカビタ兄さんが、大好きだ。

肉屋でバイトしてた帰り道、コンビニでバイトしてた帰り道、
帰り道、いつもあなたが目に入って、僕はそれを買った。飲んだ。うまい。
そしてまた奇妙な事に、新しく始めたバイト先からの帰り道、
やっぱりあなたがそこにはいて、僕はそれを飲み干すんだ、ゴクゴクと。

うまい、うまい、うまい!
だから言おう、正直な気持ちを、あなたに伝えたい。

受け取ってください、僕の真摯なこの気持ち、言葉にして、届けたい。

あ、・・・・あ、あり、・・・あっ、あ、あり言えないよ(照)











お父さんお母さん

お父さん、お母さん。

あり・・・、
あのいつも、ありが・・・
ありが・・・、
ほんとに、産んでくれて、あり言えないよ(照)





















みなみなさま

このブログを読んでくれる皆様。

こんなブログを読んでくれる皆さま、無駄に長いだけのこんなブログを読んでくれた皆さま、
こんな僕の自己満足に付き合ってくれる皆さま、コメントくれる皆さま、
ランキングを押してくれる皆さま、
今はブログ界から消えそうだけど、昔仲良くしてくれた忘れられない皆さま、
いつもお世話になってますかけがえのない皆さま、

好きです、好きです、心から、好きです。大好きです。

そして今宵もこんな記事を読んでくれた皆さま、

ありがとう。
















・・・・・・・・・・・あら、言えた。

人気ブログランキング
スポンサーサイト















≪ 【茶番劇  第3話 『お疲れ』の巻】 | ↑ | 【就中(new version)】 ≫




コメン㌧もらっていいの?

スミさんは恥かしいがりやさんなんで、ちょっと斜に構えておられるようですが、皆には分かってますよ、貴方が父に母に1972にそしてデカビタに、心から「ありがとう」って言っていることを。

まあ、僕はデカビタはオロナミン派ですけど。

あ、間違えてボタン押しちゃって変な文になっちゃった…

ボケで噛むって…きゃーーー

1972年からやってるのは、『ムーミン』『ドカベン』『太陽にほえろ』あたりでしょうか(;´∀`)
まぁ、そんなことはどうでもいいんですが・・・同じやつ2個って!!笑
初代は自転車に乗りながら飛ばされたとかそういう感じでしょうか?(;・∀・)

感謝の言葉、私も全然言えませんね(;^ω^)
ブログ上では言えるんですけどね(笑
実際となると・・・難しいです><

ということでスミ㌧、いつも読ませていただき、あり●とうございますm(_ _)m
って今日は普通にいい話ですね( ;∀;)

スミさんが少々照れ屋なのは承知です。
1972も、デカビタも、そしてご両親も、分かっているはずです。

感謝の気持ちを今一度確認しつつ、明日からバイト初出勤です。
行ってまいります(ビシッ)

あたし、言えちゃうんだよねー(´∀`*)
ありがとうとかごめんなさいとか、普通に言えちゃうんだよねー(´∀`*)
これはたぶん、家族の中でも当たり前に言うし、そういう環境で育ったり、しつけのせいなんじゃないかと思うんですけどもねー(´∀`*)
あっはっはっは(´∀`*)

そして、帽子が飛ばされたって話、スゴイ懐かしかったです(´∀`*)
そうだ、そんなこともあったね(´∀`*)♪
あ、(´∀`*)って顔文字は不謹慎かな(´∀`*)
でも、イイよね(´∀`*)

そして、ほぼ毎日、記事であたしを楽しませてくれてるすみさん、ありがとう(´∀`*)
大好きです(´∀`*)

●三代目さん
●ヨークさん
●ノディさん
●郁貴ねぇさん


こんな記事にコメントくれて、ありがとう。

・・・・あれ、言えた。

おコメン㌧を投げつける

 
スミタカストーンにだけ伝えたい
 

寅ック Back

TB URL

Home

ぷろぴーぷー

すみとん

Author:すみとん
頑張って生きてます。
■28歳になっちゃった
■正式名称はスミタカストーンっていうんだ
■うぇッ!・・・あっゲップしちゃった。
■埼玉県在住、人生迷走中
■「スミ㌧」とか「すみさん」って呼ばれてるよ。
■リンク・コメントはご勝手に!
■。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビォエェェェェェン!!
■思ってるよりも悪いヤツだよ。多分。






ったいさんの形見のバナー!

人気ブログランキング

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクさん

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。