いのなかとらさん

もう1年ちょっとで三十路の人がふとあの頃を思い出して復活したブログ



■チョロQは前に進むために、一回バックするんだってよ■


←ウィキ風呂というお風呂が昔ありました。


--年--月--日(--)      スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








2007年03月24日(Sat)      ■昔のまじめ■

【なりたくない】





「若の里さんみたいには、なりたくない!」

とある日、とある雑誌を見てましたら、
なんだかドキンとする文章が書いてあったので、
その言葉を忘れないようにこの胸に刻み付けて

今日まで生きてきたんです。








何故かと言われれば、
八百屋の長兵衛さんが得意のお客さん相手に、
将棋か囲碁かなんかでわざと負けて媚びを売ったことによると言われる、
「八百長」という言葉。
その八百長問題を相撲界に投げかけた、
そんな記事を、
大の相撲フリークであり相撲ファンである僕がたまたま見てしまったからなんです。

相撲は八百長じゃないのか?

今、相撲界はそんな疑惑に包まれているのですけれど、
まぁ、その雑誌が紙面において持論を展開したところから、
一連の八百長騒動が持ち上がってきたわけで、
それはもう、大の相撲ニストであり、相撲コレクターである僕が、
この目でそれを確認しない限りはいけないだろうと、
学校帰りに駅の本屋で立ち読みなんかしちゃったんですが。

まぁ、その中で、詳しいことは言いませんが、
確かに「これは言われて見ればおかしいよな」ってのも、ある。
小学生が見ても、単純に「おかしい」と判断できる部分もあって、
そういうのを一点ずつ確認していかない限りは、
八百長問題は拭えないと思うし、
相撲協会側が強気の姿勢で裁判に持ち込んじゃったから、
そこで全て、モヤモヤは法廷にて明かされると思うので、
その問題はその日を静かに待とうと思っています。悪いけど。
否定も肯定もしないでおいてね。

で、冒頭の言葉なんですが。
これだけちょっと、僕は心に刺さりましたね。
誌面の中でこの言葉は、
今日本人力士の中で若く最も将来有望な力士の1人、
稀勢の里というお相撲さんが言ったと、いわれてる言葉なんです。
若の里さんというのは、稀勢の里と同じ部屋の先輩力士。
その先輩に対して、この言葉。
そしてその言葉に続いて、「俺もいつかは八百長しないといけないかな」
そんな悲しい言葉を周囲に漏らしているともいうのです。

なんでこの何気ない言葉が、引っかかるのかって言うと、
もんのすげぇリアリティがあるんだよね。

というのも、若の里さん、元々は関脇という横綱、大関に次ぐポジションに、
何年と居座ってきた、他の力士とは一味違う力士。
優勝してもおかしくないし、大関にももう少しだったし、
横綱、大関陣にとっても、相撲が強いから嫌な存在で、
なにより相撲愛好人間である僕も、大好きだった力士の1人なんです。
だけど、怪我のせいで、その位置から落ちて、
最終的には今までの溜まってたものががドット来たのか、
幕内から転落して、二部の十両というポジションまで落ちに落ちてしまったんです。

皆が信じられなかった事でしょう。
「ええ、あの若の里が十両なんて!!」

気づいたときには稀勢の里はそんな若の里を尻目に昇進を続け、
関脇にも簡単に手が届いてしまっていた。
で、ここに来ての八百長問題。
それはいいとして、稀勢の里が漏らしたと言われる冒頭の発言。

「若の里さんみたいには、なりたくない!」

なぜならば、
若の里は誰がどう見ても、一番一番をガチンコで闘ってきた力士。
あの力士は、少しでも相撲を知ってる人なら、
八百長とか絶対に応じないってのは、もうわかる。
雰囲気ってのがもう出てる。そんな雰囲気。
そして、応じないからこそ、
一生懸命相撲を取ってきて、それが横綱や大関とも対等に、
他の力士にも一目置かれていた力士。
若の里の怪我の原因というのは、やはりそのガチンコ相撲にあって、
それがどうやら、
同じくガチンコ度合いでは常に気合いの入ってる稀勢の里にとっては、
多少これからのことを考えると、怖いものも出てきた。
「若の里さん。尊敬すべき先輩だけど、
このままガチンコの相撲を取り続ければ、自分も、
やがては同じように怪我をして、番付も下がって・・・・・だったら・・」
そんな気持ちでいる、
八百長を告発した誌面に、何気なく書かれていたわずかな文章が、
僕にはかなりそれをリアリティのあるものにしてしまったわけなんです。

もちろん八百長なんて信じたくないし、ないと思ってます。
でもあるのかもしれない、っていう気持ちも否定できない。
おかげで、今場所こそ、朝青龍初日から2連敗したり、
ガチンコ感が、世間も騒ぎ立ててる分あるんですが、
いまいち相撲に関してモチベーションが挙がらないのも事実なんです。
まぁ八百長問題に関しては何も言うつもりはありません。
裁判で全ては明かされるでしょうからね。

ただ、稀勢の里が言ったといわれる冒頭の台詞は、
ホントだとしても嘘だとしても、なかなか秀逸だなぁって思います。
リアルかフェイクなのかは知らないですが、
これは説得力があるよなぁ。誌面で費やされてたのはわずか1行くらいなんだけど。

実は八百長はないけど、
星の譲り合いみたいな暗黙の了解は間違いなくあります。
例えば、千代大海と魁皇、共に大関同士のこの二人が、
千秋楽で闘うことになって、
仮に魁皇が7勝7敗だとして,千代大海が既に勝ち越しを決めてたりしたら、
千代大海は間違いなく、魁皇を8勝にさせるために、
負けてあげます。これはお金で星を買う八百長とかじゃなく、
もう、ホントに優しさ的なところから来るもの。
一緒に大関頑張ってるんですからね。

一時期十両で低迷した若の里が、
今場所は幕内再昇進、そしてその幕内で既に勝ち越しまで決めている。
再び輝き始めているのに、
多くの相撲家たちが歓喜していることだろうと思います。
正直、僕はすっごい嬉しいです。

仮にもし、もしそこに八百長があっても、
その汚染の中で、自分を信じて怪我をも恐れず、
不器用だけどガチンコで、
相撲界に燦然と自らの力で輝いてる素敵な力士だって、
若の里を筆頭に、いっぱいいるんです。
八百長があろうとなかろうと、
関係のない力士、こうやってここにいるんですよ。

だからもう少しだけ、相撲を愛してみようかなって、
そんなことも思ったりします。

自分のブログ道を邁進して、そのたび大怪我ばかりして、
真のガチンコブロガーと呼ばれて久しい僕ですが、

「スミタカストーンさんみたいにはなりたくない。」

そう言われるくらいまで、もっと自分を追い込んで、
怪我なんて恐れずに、つまづいてもまた這い上がって
そんな若の里のように、
何だかんだ言われるけれど、
それは皆が認めてる、「気にされている」なによりの証なんですから、
その個の力を信じ、常々ガチンコでぶつかっていく。
だからこそ僕も、

誰もが認めるようなガチンコブロガーになりたいやぁ。

「スミタカストーンさんみたいには、なりたくないって?
はっはっは。ふ~ん、そうかぁ。

でも、そんなことは、なってから言ってちょうだいね。
・・・・・君じゃ、まだまだ僕にはなれないよ。」そんな心意気でもってね。


スポンサーサイト















≪ 【男は黙って何も語らない】 | ↑ | 【第18回OWARAI SASUKE ―頂へ―(小説)】 ≫




コメン㌧もらっていいの?

なかなか難しい話題ですね。
ココはノータッチですいません。
よく事情を知らないから、軽々しく発言したくないの。

えっへっへ。
あたしは誰かに認めてもらえるブロガーさんになりたいなー。
誰もがだと恐れ多いもの。
小心者だからー。
でも、見られて恥ずかしくないものを書いていけたらなぁって思います。
ただ、ガチンコでは無いけどね(ヾノ・∀・`)マサカ
あ、それじゃ今回の意図丸っきり無視か(´・ω・`)スマン

がーん…
こんなとこで書いてたのか…

すんごい気付くの遅かった。
ちくそう。

相撲の八百長は色々言われてますよね。
そんなに詳しくないから何を言っても説得力はないんですけど。

ただ、争うものだからこそスポーツマンシップがあって、最低限のルールだけで
全力を出せるような環境ならいいなぁと思います。
変にごちゃごちゃルールのあるスポーツって見ててよくわからないですから。

素人な話ですけども。

★郁貴ねぇさん★



難しいですよ。
だから完全にノータッチでも良かったのに・・・。
こんな記事を読んでくれるなんて、ありがとんですよ。

「誰か」に認められるのと「誰も」に認められるのとじゃ、
似てるようで全然違いますわね。
でも誰かに認められるならば、その先には誰もに認められるようなものを目指しましょうよ!
そんな謙虚にならずとも。夢はでっかく、野望は果てしなく。
どうせ叶わない願いなんですから、そんなおおきな希望を持ってたっていいじゃない!!こら!

ガチンコではないんですか(笑)?
なんか意味深ですね、影武者が書いてるんでしょうか?
ブログは多少の八百長があってもいいですよ。
僕もぶっちゃけ八百長した事ありますもん(´゜ω・`)スマン

★ほっちゃさん★



こんちは。
出来ればこのまま見つからない方が良かったのに!
(・з・)フカイイミハナイデス。

変にごちゃごちゃルールのあるスポーツって例えばどんなのですかね?
相撲はシンプルですが、野球やサッカーも全然問題ないですし、具体的に思い浮かばないのは、僕のエゴでしょうか?
エゴってなんですか?

でもスポーツマンシップがちゃんとしてて、
それでいてこの上なくシンプルでなおかつ観客をおおいに沸かすことの出来るスポーツ、
相撲っていうのはトップクラスだとは思います。

おコメン㌧を投げつける

 
スミタカストーンにだけ伝えたい
 

寅ック Back

TB URL

Home

ぷろぴーぷー

すみとん

Author:すみとん
頑張って生きてます。
■28歳になっちゃった
■正式名称はスミタカストーンっていうんだ
■うぇッ!・・・あっゲップしちゃった。
■埼玉県在住、人生迷走中
■「スミ㌧」とか「すみさん」って呼ばれてるよ。
■リンク・コメントはご勝手に!
■。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビォエェェェェェン!!
■思ってるよりも悪いヤツだよ。多分。






ったいさんの形見のバナー!

人気ブログランキング

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクさん

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。